「淡水河(タンスイガ)」の河口沿いの光景 ~「淡水海関碼頭」まで

淡水の対岸には「八里」という街があり、渡し船が往来していますが今回は行けず。

 

淡水をじっくり廻るには丸1日、1泊してゆっくりするのも充分価値があるようです。

 

観光地的な要素、古い街並み、地元の方が利用している市場が凝縮されていて、又河口沿いには漁村的な感じと風光明美な景色があり飽きない街です。

 

台北に来たら絶対に行って欲しい場所。

 

 

f:id:tranning:20160923230425j:plain

 

f:id:tranning:20160923230449j:plain

 

f:id:tranning:20160923230513j:plain

 

f:id:tranning:20160923230540j:plain

 

f:id:tranning:20160923230604j:plain

 

f:id:tranning:20160923230621j:plain

 

河口沿いには遊歩道が設けられていて、ここをゆっくりと散策するのがまたいい。

 

f:id:tranning:20160923230652j:plain

 

f:id:tranning:20160923230716j:plain

 

f:id:tranning:20160923230744j:plain

 

「紅毛城」の前にここにもレンガ造りの倉庫の様な「淡水海関碼頭」があります。

 

f:id:tranning:20160923230814j:plain

 

f:id:tranning:20160923230833j:plain

作成者: tranningcom

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を掲載しています。 もうすぐ仕事はリタイヤになりますので、その後は日本で旅費を稼ぎながら一編に廻れないので、特に旅費が安上がりに済む時期を見計らって世界各国の旅に出る予定です。 旅のコンセプトは足を使う事で、その体力作りの為にもランニングを続けています。

コメントを残す