「圓山大飯店 グランドホテル台北」~朝のホテル内の敷地の散策、宿泊客とほとんど会わない。

圓山大飯店に宿泊したのですから、ホテルの話題をたった一話で終わらせる事はしません。

 

これを含めて四話ぐらいですが・・・、かんべんしてください。

 

f:id:tranning:20161022220817j:plain

 

夜はあまりにもホテル内が寂しかったので、「士林夜市」に行って(これはホテルのレポートが終了後に報告します)からホテルに戻ったので、フロアのあまりにも寂しさも感じず直に就寝。

 

早朝目覚めてから恒例の朝の散歩を、部屋を出て廊下に出た途端やはり人気が全く感じぜず。

 

やはりこのフロア、52部屋で宿泊をしていたのは我々の一部屋だけだったようです。

 

他のフロアは何組かのお客様はいたようですが、稼働率(部屋数÷実際利用している部屋)は1%もないのではと心配してしまいます。

 

国営ではなくなっている様ですが、国が相当肩入れしているので潰れるということはないでしょう。

 

まぁ~この時期は(夏の最後)シーズンオフのウィークデーということもあり、たまたまお客が少なかったのか・・・。

 

なのでエレベーターもボタンを押すと直にきます。

 

f:id:tranning:20161022220918j:plain

 

朝も散策と言ってもホテルの敷地内を隈なく歩けば、一時間ぐらいすぐに経過します。

 

f:id:tranning:20161022220950j:plain

 

f:id:tranning:20161022221051j:plain

 

f:id:tranning:20161022221116j:plain

 

f:id:tranning:20161022221135j:plain

 

f:id:tranning:20161022221153j:plain

 

プールは本館からは少し離れた場所にあります。

 

f:id:tranning:20161022221213j:plain

 

f:id:tranning:20161022221239j:plain

 

朝からプールで泳いだり、隣のテニスコートでテニスをしているのは見た目宿泊客でなく、すべて地元の人達でした。

 

それも皆年配の方ばかりで、台湾のお年寄りはどなたも朝から元気で皆運動をしています。

 

f:id:tranning:20161022221317j:plain

 

f:id:tranning:20161022221332j:plain

 

ここでは太極拳をやっている方々も。

 

f:id:tranning:20161022221358j:plain

 

裏山はハイキングコースにもなっています。

 

f:id:tranning:20161022221424j:plain

 

f:id:tranning:20161022221456j:plain

 

正面の下の公園では、砲台とかが置いてある記念公園がありました。

 

f:id:tranning:20161022221524j:plain

 

f:id:tranning:20161022221553j:plain

 

f:id:tranning:20161022221615j:plain

 

f:id:tranning:20161022221637j:plain

 

f:id:tranning:20161022221705j:plain


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中