「瑞芳(ずいほう)駅」に到着~その後「九份(きゅうふん)」老街の入口へ。。。

あっという間の「普悠瑪号(プユマ号)」の旅、列車での旅はあまりにも短時間では物足りない。

 

帰りの時間帯はすべて区間車(普通)のようで、これだと確実に1時間以上かかります。

 

f:id:tranning:20161101223258j:plain

 

f:id:tranning:20161101223321j:plain

 

駅舎と改札口、それと駅前広場を見ると完全たる日本のローカルな中規模な駅とそっくり。

 

何か凄く懐かしさを感じます、「台湾の鉄道の旅」ますます憧れますので、絶対に近いうちにじっくりと時間を掛けて必ず廻る予定です。

 

f:id:tranning:20161101223339j:plain

 

この駅前からは、路線バスに乗るには左に行き暫く歩きますが、今回は3人だったので迷わずタクシーに乗車。(一人旅の場合は、めったな事ではタクシーは使いません)

 

料金は180NT$(約540円)、日本で乗るよりかなり安いし3人で乗れば1人180円。(バス代とかわらず)

 

山道を行きますが、山の中腹にいきなり街が現れる光景は何とも言えません。

 

f:id:tranning:20161101223408j:plain

 

f:id:tranning:20161101223427j:plain

 

f:id:tranning:20161101223453j:plain

 

山の向こうには海を眺める事が出来ます。

 

そして「九份老街」の入口、「セブン・イレブン」が目印。

 

f:id:tranning:20161101223508j:plain


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中