「京鼎樓 Jing Ding Lou」~名物の烏龍茶小籠包その他もなかなかの味でした。。。

「九份」から夜遅くに帰ってきてホテルにチェックインしてから食べに行った、ホテルと同じ「中山地区」にある小籠包のお店。

 

・「京鼎樓 Jing Ding Lou」

 

場所は中山地区の「森林北路」と「長春路」の交差点を少し東に行った通り沿いにあります。

 

東京恵比寿にも店があるよう。

 

 

f:id:tranning:20161120111801j:plain

 

 

ここの名物は「烏龍茶小籠包」。

 

烏龍茶というのに、表面は緑茶を思わせるようなグリーンの色合い。

 

普通の小籠包も食べてみましたがどれも大変おいしく、並んで「鼎泰豊(ディンタイフォン)」に入ることもないと思った次第です。

 

 

f:id:tranning:20161120111823j:plain

 

f:id:tranning:20161120111845j:plain

 

f:id:tranning:20161120111901j:plain

 

小籠包以外のこの「牛肉麺」をオーダー。

 

やはりどこに行っても麺類は必ず食べに行かなくてはと、台湾のラーメンと言えばこの「牛肉麺」。

 

この牛肉は日本で言うとチャーシューの代わりなのですが、どっちかと言うと沖縄そばの「ソーキ」。

 

f:id:tranning:20161120111922j:plain

 

肉は柔らかく、麺もこしがあり、スープは少し濃かったが旨かった。

 

f:id:tranning:20161120111946j:plain

 

f:id:tranning:20161120112004j:plain

 

 

あと台湾での焼き餃子、これがお薦めで日本でこの味を食べることは出来ない。

 

今迄食べた餃子で一番旨かった。

 

今度台湾に来た時は、この餃子とご飯の組み合わせを食したい。。。

 

f:id:tranning:20161120112226j:plain


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中