バンペー埠頭から「サメット島」への船に乗ったのは良かったのですが。。。

ラヨーンにある「バンペー埠頭」から船に乗り一路「サメット島」を目指します。

 

この日は天気も良いし、暑かったですが船の甲板には心地良い風が吹いてきて最高の船旅です。

 

埠頭を出た時には、すでに「サメット島」の島影が見えていて、スピードボートに乗船したらあっという間に着いてしまう距離ですが、そんなに急ぐ旅でもないし節約もあるのでのんびりと行きます。

 

 

f:id:tranning:20161219185926j:plain

 

f:id:tranning:20161219190026j:plain

 

f:id:tranning:20161219190107j:plain

 

f:id:tranning:20161219190124j:plain

 

f:id:tranning:20161219190155j:plain

 

f:id:tranning:20161219190228j:plain

 

f:id:tranning:20161219190258j:plain

 

f:id:tranning:20161219190326j:plain

 

船内では中華系のグループの方か、胡弓(こきゅう)という楽器なのかチェロのような形で何とも言えぬいい音色で、のんびりとゆったりした船旅を演出してくれています。

 

f:id:tranning:20161219190436j:plain

 

そしてサメット島の玄関口の「ナダム港(Nadan Pier)」が見えてきましたので、もう到着かともう少し船旅を満喫してみたいな~と思っていたら。

 

f:id:tranning:20161219190457j:plain

 

f:id:tranning:20161219190516j:plain

 

何と船は「ナダム港」を通り過ぎてしまいました。

 

f:id:tranning:20161219190536j:plain

 

「サメット島」で一番のメインのビーチ「サイケオビーチ」を右にみながら、この時は先のビーチに寄ってから島で一番のメインの埠頭ですからその後に「ナダム港」に行ってくれるものとばかり思ってましたが。。。

 

f:id:tranning:20161219190556j:plain

作成者: tranningcom

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を掲載しています。 もうすぐ仕事はリタイヤになりますので、その後は日本で旅費を稼ぎながら一編に廻れないので、特に旅費が安上がりに済む時期を見計らって世界各国の旅に出る予定です。 旅のコンセプトは足を使う事で、その体力作りの為にもランニングを続けています。

コメントを残す