「ワット・アルン(暁の寺)」の改修工事はいったいいつになったら終るのか!?

f:id:tranning:20170130185208j:plain

「ワット・アルン(暁の寺)

一昨年参加した「プーケットマラソン」の後にバンコクに寄った際に行ってみたら工事中、にも関わらず入場料を払って参拝させて貰いましたが、その次の「バンコクマラソン」の際にもチャオプラヤ川から眺めてみたら、まだ工事中の骨組みに覆われていました。

そして今回というか昨年ですが、一部を残して修理は終わったという噂を聞いてはいたのですが、チャオプラヤ川から見たら、以前としてメインの塔にはこのような工事中の骨組みがしっかりと残っていた。

今回はと思い、やはりここはサンセットの時間に合わせてとは思っていただけに残念です。

f:id:tranning:20170130185230j:plain

自分が撮った写真は前のも含めてすべてこの工事中の足場の櫓に覆われたものばかりで、これが「ワット・アルン」かと思えばいいかの考えです。

なので今回も入場はせずに、船の上から眺めただけです。

すでに終わっているのかもしれないが、工事の終了時期が未定なのもタイらしくて次回の楽しみにとっておけます。

f:id:tranning:20170130185249j:plain

f:id:tranning:20170130185308j:plain

f:id:tranning:20170130185331j:plain

f:id:tranning:20170130185354j:plain

f:id:tranning:20170130185421j:plain

f:id:tranning:20170130185441j:plain

f:id:tranning:20170130185501j:plain

f:id:tranning:20170130185518j:plain

f:id:tranning:20170130185537j:plain

f:id:tranning:20170130185554j:plain

f:id:tranning:20170130185610j:plain

「プラ・アーチット Phra Arthit」ピア、ここがカオサン地区に近い桟橋。

「カオサン地区」に行く交通手段

いわゆる寺裏と言う地区で「ランブリット」エリアの宿泊場所に予約している方は、ここから荷物を引きずって充分歩いて行ける距離です。

「チャオプラヤ・エクスプレス」を利用して「カオサン」に入る、距離としては若干遠回りにはなりますが、渋滞に合わず料金もそこそこだし一番は川沿いの景色を眺めながらの移動なので乙すめです。

但し夜はあまり遅くまでボートが運行していないので、時間を確認する必要があります。

後これもまだ工事中らしいですが、「地下鉄MRT」が「ファランボーン駅」から延長されるとの事ですが、これもいつになるのやら、駅は「ワット・ポー」の近くなので、ちょっとカオサンからは離れていますが、歩いていけない距離ではない。

「ワット・アルン」と「地下鉄MRT」の延長工事早く終わって欲しいものです。。。

広告

コメントを残す