タイの禁酒日について~再びバンコク カオサン地区(ランブットリーストリート)から

 

f:id:tranning:20170211191415j:plain

タイの禁酒日について
———————————————————————–
■ 2017年タイにおける「禁酒日」のお知らせ

下記日程はタイ国内全土が禁酒、酒類の販売が禁止となります。

・2月11日(土) マカブーチャ(万仏祭)Makha Bucha Day

・5月10日(水) ヴィサカブーチャ(仏誕節)Visakha Bucha Day

・7月8日(土) アサラバブーチャ(三宝祭)Asalha Puja Day

・7月9日(日) カオパンサー(入安居)Buddhist Lent Day

・10月5日(木) オークパンサー(出安居)Out Buddhist Lent Day

 

※上記日程以外でもタイ国内で選挙が行われる際は、禁酒日となります。
8月12日 王妃誕生日、12月5日 国王誕生日における法律上の禁酒制限はございませんが、酒類販売自粛の動きがございます。

 

スーパーマーケットやコンビニエンスストア・レストランなどで酒類の販売が禁止となると同時に、パブやクラブ等のお酒を扱っているお店はクローズとなります。観光客の方は、ホテルの客室内のミニバーでの飲酒のみ可能となります。

 

*以上資料抜粋

———————————————————————–

 

そう昨日2月11日は正しく「マカブーチャ(万仏祭)」だったのです。

 

で実際に訪れたのはと言うと、昨年2016年の7月19,20日でしたが、この日が丁度今年もしっかりスケジュールに載っている「アサラバブーチャ(三宝祭)」、「カオパンサー(入安居)」両日2日間の禁酒日でした。

 

 

f:id:tranning:20170211193451j:plain

 

 

 

先に「カオサン通り」の紹介をさせて頂きましたが、今や「カオサン通り」より一本横に平行している「ランブットリー通り」の方が、ここぞカオサンという感じになっています。

 

「カオサン通り」がアジア系人種がほとんどを占めていたが、こっち「ランブットリー通り」はほぼ8割がファラン(欧米系)。

 

ノーアルコール デー (禁酒日)に関わらず、道沿いのレストラン、テラスバーでもテーブルの上には、いかにもソフトドリンクが置いてあるだけで、結構楽しんでいました。

 

アルコールがなくてもこれだけお店にお客が入っていて、結構盛り上がっています。

 

 

 

f:id:tranning:20170211193530j:plain

 

 

バカ騒ぎする人がいないだけ、旅人が集まる場所としては最高の雰囲気を醸し出しています。

 

こんな感じのカオサンでしたら、思わずず~っと居たくなるような感じ。

 

年間最低でも5日間、禁酒日があるタイが酒を飲まない者にとって羨ましい。

 

とかく日本では、最近禁煙に関してはうるさくなっているが、酒を飲むという行為に関しては正当化されている。

 

なので飲酒運転とかいつになってもなくならないのでは。。。

 

是非日本でも禁酒日という習慣を作って欲しいものです!!

 

 

f:id:tranning:20170211194854j:plain

 

f:id:tranning:20170211195008j:plain

f:id:tranning:20170211195113j:plain

f:id:tranning:20170211195150j:plain

f:id:tranning:20170211195245j:plain

f:id:tranning:20170211195318j:plain

 

f:id:tranning:20170211195425j:plain

f:id:tranning:20170211195514j:plain

 

f:id:tranning:20170211195608j:plain

f:id:tranning:20170211195702j:plain

f:id:tranning:20170211195741j:plain

広告

コメントを残す