ニュージーランドへ行くにはもちろんナショナルフラッグ「ニュージーランド航空(NZ)」で、そして何故か安心感を感じるのは!? 

img_2153_1

「ニュージーランド航空(NZ)」

ニュージーランドに行くには、どの航空会社を使うか。

という事を考えても思い当たる航空会社は、ナショナルフラッグの「ニュージーランド航空」以外は直行便で飛んでいません。

日本航空、全日空も飛んでいない、経由便であれば、他にもあるようですが。

全日空はニュージーランド航空とのコードシェア便になっていて、今回の便台にもNZとNHの便名が表示されていましたが、機材、もちろんクルーもすべてがニュージーランド航空使用。

p2260566_1

p2260567_1

今回の旅で手配、その他の支払もすべてお母さんが中心でした。(今定職に就いていない身としては発言権は一切ありません)。

全日空とのコードシェアなのでNHのマイレージも貯まり、昨年家族会員に切り替えたので(この家族会員、JLは年会費取られますが、NHは作るカードによっては無料です。)
その後今回の4人分のマイレージを有効活用させて貰うつもりです。

そして搭乗してみて妙に安心感を抱くのは・・・、そうクルーがすべて男性、正確には日本人スタッフの女性CAが一人ビジネスクラスを担当していたみたいが、エコノミーは見かけた4人すべてが男性クルーで、それもマッチョ体型(ガタイがよすぎると通路ですれ違う事が出来ないので、どちらかと言うと細マッチョ)。

髭も生やしていてそっち系に興味がある訳ではないが、セキュリティーとかもし何か不測の非常事態とかが発生した場合絶対に男性クルーとかは安心が出来る。

最近LCCの「ジェットスター」とか乘っても男性クルーが目立つので、はっきり言って航空機のクルーは女性より男性スタッフの方が安心出来るというのは自分だけでしょうか。

「エア・アジア」の派手な制服の若いCAの姿を見ているのもいいが、我が国のナショナルフラッグのベテラン女性CAの過剰的なわざとらしい言葉遣い、サービスを受けるのはもういいという感じです。

今の時代出来るに越したことはないが語学が堪能とか、色々なマナーを習得しているとかより機内では乗客に安心感を与えるという事が一番なので、体格が良さそうな男性クルーをどの航空会社も増やした方が良いかと思います。

img_2151_1

料金はお母さんが手配したので正確ではないのですが、成田発着より羽田から関空乗り継ぎ
発着の方が一人1万円ちょっと安く7万円台(往復、空港税その他すべて含む)だったそうです。(昨年末からの関空から週3便の就航記念キャンペーン料金の適用だったようです。)

別に直行便にこだわる必要もないし、時間的にも大幅に違わなく、むしろ帰りの便の時間帯が遅い出発だったので関空発着もいいかなと思いこちらで。

機内食は往復とも2回ずつ、内容はというとちょっとそれなりですが味付けとかはどれも良かった。

そして必ず乳製品のチーズがすべての機内食に付いてきます。

img_2147_1

img_2150_1

p2260568_1

p2260569_1

あとコーヒーが美味しく、始めの一杯はブラックで飲んだが次からはミルクをたっぷり入れたものにしてもらった。

もう少しお代わりをしたかったが、どうでもいいワインのお替りは何回も来たがコーヒーのお替りはなかった。

 

img_2149_1

すべて機内での撮影はiphoneからなのでけっこうブレています。

片道11時間ぐらいで、ヨーロッパへ行くのとそんなに飛行時間が変わらないが、最近10時間ぐらいのフライ時間はぜんぜん苦にならなく、むしろ機内の中では寝たい時に寝て、映画を見て音楽を聴き、本もゆっくり読めるのでこうゆう時間をもっと持ちたいと思う次第です。

 

・オークランド国際空港

img_2152_1

p2260562_1

広告

コメントを残す