広告

月別: 2017年9月

「阿里山(ありさん Alishan)駅」~「阿里山森林鉄路」本来の終着駅なのですが。。。

「阿里山」というのは山の名前ではなく、台湾嘉義県にある尖崙山、祝山、対高岳山、大塔山、塔山などの高山から構成されたエリアのことを言うのだそうです。

広告

「奮起湖駅(ふんきこ Fenqihu)」~「阿里山森林鉄路」の今現在の暫定終着駅、レトロな雰囲気の山間駅!

  「阿里山森林鉄路」は今現在はこの「奮起湖駅」までしか運行していません。 この先の「阿…

「台湾 阿里山森林鉄路」の車窓から~「嘉義駅」~「奮起湖駅」迄の風景

  「阿里山森林鉄路」の車窓からの風景ですが、この日はあいにくの曇から雨。 それも山間部…

世界3大登山鉄道の一つ「阿里山森林鉄路」の「阿里山号」乗車!!「嘉義駅」~「奮起湖駅」迄

阿里山森林鉄路は、インドのダージリン鉄道(世界遺産)、チリ~アルゼンチンを結ぶアンデス横断鉄道と並んで、世界の3大登山鉄道の一つと言われています。

「嘉義車站(Chiayi Station)」~「阿里山森林鉄路」の「阿里山号」乗車まで 

「嘉義駅」から「阿里山森林鉄路」に乗車しました。   但し全線でなく、今現在運行している…

「阿里山森林鉄路 北門驛」およびその周辺~レトロな檜の木造駅舎と戦前にタイムスリツプした様な雰囲気。。。

「阿里山森林鉄路車庫園区」の先には、阿里山森林鉄路の「北門駅」があります。

この駅舎の色合いといい、雰囲気といい正に日本の昭和のそれも戦前から変わっていないという感じの駅舎、台湾では日本以上に日本の古き良き時代のものが残っています。

鉄ファン必見!!「阿里山森林鉄路車庫園区」 ~「嘉義」での早朝散策がてらに行って来ました。

「阿里山森林鉄路車庫園区」に嘉義での滞在の翌日の早朝に行ってきました。

「阿里山森林鉄路」は、実際に乗車してきましたのでこの模様は後日にしますので、まずは車庫ならびに車両の展示物をご覧ください。

「嘉義(Chiayi)」と言ったら今は、そう「KANO」、街の中心の銅像も。。。

「嘉義(Chiayi)」の象徴と言えば、今はこの銅像が真っ先に出てきます。

それだけ有名になった映画「KANO」の舞台。

「噴水鶏肉飯」~「嘉義(Chiayi)」に来たら絶対にこれを食べなくては!これ実は⁉

嘉義にきたら食べたいもの、それは…「雞肉飯」と決めていました。

ここ「噴水鶏肉飯」は鶏肉飯の発祥店だそうです。

「嘉義(かぎ Chiayi)」に着いてからは~まずは「文化路夜市(ぶんかろよいち)」へ。

台湾にきたら夜は夜市、朝は朝市とパターンが決まってきます。

台湾16大夜市というのがあり、ここ「文化路夜市」も含まれているようでそのうち全部制覇したい。

「ニ水(Ershui)駅」駅構内及びその周辺~日本の中規模なローカル駅そっくり!!

駅前を一歩出ると、何処かで見た光景が。。。。

日本の地方の中規模な都市の駅前にそっくり、駅前旅館的な宿泊施設もあります。

この漢字のみの看板にひらがなが混ざっていたら、日本の街ですと言っても疑いはないような感じ。

「車埕 Checheng)駅」周辺~貯木池、車埕木業展示館、老街とか僅かな時間で廻れます。

「車埕駅」の周辺は、見どころが散らばってないのでそんなに時間をかけずに廻れます。

1時間~2時間あれば充分、2本後の列車の時刻までゆっくりと散策をしました。