「還暦を迎えて」~いかなる理由があっても、定年は60歳までにするべきだと思いますが。。。

Posted by

f:id:tranning:20180315211234j:plain

還暦を迎えまして、一言では終わらずに二言三言になりますが。。。

やはり定年は60歳までにすべきかと思います。

以前は55歳とかの時もあったようですが、60歳過ぎてまで長年働いた企業に固縮することはないと。

人それぞれ事情はあると思いますが、今どの企業も雇用の延長を求められています。

再雇用制度という、企業には都合のいいようなたとえば65歳まで働けるが、給与は減額、今迄貰っている半額の給与支給のケースもあるようです。(自分の妹の旦那はその条件で働いてます)

それにも関らず労働時間は、変わらずにフルタイム勤務、休みも同じ。

これでは65歳まで使われるだけ使われ、年金は貰えますが失業保険は年金支給が始まれば支給されません。

仕事を辞めてすぐ病気になったということになったら、目も当てられない。

f:id:tranning:20180315211408j:plain

家のローンが残っている、奥さん、子供をまだ養わなくてはならない方も、失業保険を貰ってから再就職をされた方が良いのでは。

それも早めに退職し、60歳までに条件のいい処に再就職する必要はあるかと思います。

今、年金は60歳から出るようですが、その場合は70歳を超えた時に率が悪く少なくなる。

こんな条件なくして欲しい、55歳定年で55歳から年金支給にして欲しいほど。

どの企業も若いスタッフが増えているし、年配の人間が一線を退けばそれだけチャンスが増えて、雇用の需要もどんどん増える。

60過ぎても役職、役員でのさばっていては会社の為にならない。

歳をとっている人間ほど朝は早くから出社するが、朝からやることがないのでデスクで新聞、今はPCからニュースを見てお茶、コーヒーを飲んでいるだけの人が多い。

自分も人のことは言えないが、日本人の営業職は昼間外回りと称して何をしているのか分からない。

時間通りに出社し、時間が来たら退社、営業職は昼間会社に居られない雰囲気なのでそれこそ夕方帰社後に資料作成、事務手続きと能率が悪い労働体制。

それに比べればば、今自分は派遣社員という立場だが仕事をした時に給与が出る条件で、休みは今迄の何倍もありますが、はっきり言ってこの方が絶対に効率が良い。

仕事も毎日変化にとんでいて、短調ではないので常に新しい事に挑戦している状況。

今迄と全く逆に、一廻りも二廻りも年下の人間から指図され、敬語も使ってもらえませんが、変なプライドは捨てて気にしなければやっていけます。

この歳になると結構プライドとか、年功序列を気にしている方がほとんどで、このことが再就職に踏み切れない人が多いのでは。

f:id:tranning:20180315211532j:plain

「スポンサーリンク」

 

長期の休みでは旅に出てのんびりと癒して、日々の休みはスポーツクラブに行って、残りの時間はPCと向き合って旅の写真の整理、加工、ブログ、SNSにて記録に残しているので時間が経つのが早く、早期退職したこの一年間はあっという間過ぎてしまいました。

旅以外に今はほとんどお金も使わなくなったので、63歳から年金が支給されるようになったら、年金のみで賄い生活するように節制するという必要性が絶対にある。

f:id:tranning:20180315211610j:plain

還暦を迎えて偉そうに呟いてしまいましたが、次回から又旅の話題に戻ります。。。

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!!

   ↓↓↓

「tranning’s diary」

 

tranning3「旅のフォトコラム」

 

tranning5 「旅のフォトコラム」

 

「Tranning World」

10年前から始めているこちらの「アメブロ」には過去の旅、特に各地のマラソン大会 に参加した時のレポートを掲載していますので、ランナーの方問わず是非ご覧戴き参考にしてください。

↓↓↓

「TRANNING 旅とランニングのコラムcolumn」

今後の旅、マラソン大会への参加の情報に少しでもお役に立てればと思っております。。。

   

 

 

広告

コメントを残す