「プノンバケン(Phnom Bakheng)」~密林の彼方に沈みゆく夕陽、サンセットを眺めながら。。。

Posted by

f:id:tranning:20180415111909j:plain

「スポンサーリンク」



「アンコールワット」から「アンコールトム」への道の途中に、高さ60メートル程の丘からサンセットを眺められる「プノンバケン寺院」があります。

ここからの密林の彼方、さらに「トンレサップ湖」に沈みゆく夕陽が一望出来る。

シェムリアップ 「プノンバケン」 サンセット

「スポンサーリンク」



「スポンサーリンク」



この日は「アンコールワット」と「アンコールトム」の「バイヨン」を見ただけで、いい時間になってしまい自転車を漕ぐのもさすがに疲れてきたのでシェムリアップに帰ろうと思ったが、丁度ここを通った時にかなりの人がいたので。

ここで自転車を降りて、丘陵をゆっくりと10分ちょっとで頂上へ。

ここは有料ですが、別の道を象で行く道もあります。

f:id:tranning:20180415111935j:plain

f:id:tranning:20180415112044j:plain

9世紀末に「ヤショヴァルマン1世」が、築いた5層の基壇の最上壇に5つの祠堂をもつピラミッド寺院。

f:id:tranning:20180415112152j:plain

f:id:tranning:20180415112245j:plain

f:id:tranning:20180415112437j:plain

この上に登るには17:30まで、300人ずつの入場制限、規制があるので暫く並ばせられました。

登るころにはサンセットが終ってしまうんじゃないかと思ったが、何とかぎりぎり間に合った。

f:id:tranning:20180415112714j:plain

f:id:tranning:20180415112741j:plain

f:id:tranning:20180415112820j:plain

f:id:tranning:20180415112843j:plain

f:id:tranning:20180415112951j:plain

f:id:tranning:20180415113016j:plain

f:id:tranning:20180415113051j:plain

f:id:tranning:20180415113119j:plain

f:id:tranning:20180415113154j:plain

f:id:tranning:20180415113353j:plain

f:id:tranning:20180415113309j:plain

ちょっと密林の木々がじゃまで「アンコールワット」の塔が僅かに見えるだけ、遥か向こうに「トンレサップ湖」がうっすらと見る事が出来ます。

f:id:tranning:20180415113427j:plain

f:id:tranning:20180415113614j:plain

f:id:tranning:20180415113714j:plain

f:id:tranning:20180415113744j:plain

サンセットを見てこの「プノンバケン」から「シェムリアップ市街」へ戻る時は、すでに真っ暗で自転車で帰るにはライトが必ず必要。

「ヘッドライト」を持っていたので助かりましたが、道を一本間違えてしまった。

「アンコールワット」のサンライズを見る時も必要なので、「アンコールワット遺跡群」を朝早くから夜まで見学する時には、自転車に乗る以外でも必ずライトが必要です。

「スポンサーリンク」



 

最近ここに来て記事が重複しますが、凝りもせずさらにブログを開設しました。

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

   ↓↓↓

   「tranning’s diary」

 

tranning3「旅のフォトコラム」

tranning5.blog.jp

 

年に何回か旅に出た時の報告を、リアルタイムでなく紹介しています。

 いずれホームページにしたいブログ!!

 

↓↓↓↓↓ 

tranning.net

10年前から始めているこちらの「アメブロ」には過去の旅、特に各地のマラソン大会 に参加した時のレポートを掲載していますので、ランナーの方問わず是非ご覧戴き参考にしてください。

↓↓↓

「Tranning World」

「TRANNING 旅とランニングのコラムcolumn」

今後の旅、マラソン大会への参加の情報に少しでもお役に立てればと思っております。。。

 航空券、ホテル他の海外、国内を含めての手配は是非このサイトのリンクからお願いします!!

 



広告

コメントを残す