「ライ王のテラス」、王宮の人物像レリーフの迷路~そしてまだ放置されたままの「プリアパリライ」へ。。。

f:id:tranning:20180421185858j:plain

「スポンサーリンク」



三島由紀夫の戯曲「癩王のテラス(らいおうのてらす)」の舞台になった場所。

病魔に冒されたカンボジアの王・ジャヤーヴァルマン7世が、アンコール・トムを造営しバイヨン寺院を建設してゆく愛と夢の雄大なロマンを、月の王朝の衰亡を背景に描いた物語。

シェムリアップ アンコールトム 「ライ王のテラス」

「スポンサーリンク」



「スポンサーリンク」



テラスの上にはライ王の銅像があり、その下の内壁と外壁は迷路のような通路になっており、王宮にいた色々な人物像が描かれたレリーフが素晴らしく美しい。

f:id:tranning:20180421192956j:plain

f:id:tranning:20180421193048j:plain

f:id:tranning:20180421194010j:plain

f:id:tranning:20180421193157j:plain

このレリーフがまさに手の届く処にそのままの形で残してあり、これが屋外の遺跡と思わせない様な精巧さ。

これからもこのまま残して欲しいもの、絶対に触ったりしない様にしましょう。。。。

f:id:tranning:20180421193309j:plain

f:id:tranning:20180421193329j:plain

f:id:tranning:20180421193552j:plain

f:id:tranning:20180421193615j:plain

f:id:tranning:20180421193647j:plain

f:id:tranning:20180421193755j:plain

f:id:tranning:20180421193717j:plain

f:id:tranning:20180421193846j:plain

f:id:tranning:20180421193927j:plain

「ライ王のテラス」の裏には、「テッププラナム」という大仏に繋がる参道があり、さらにその奥には「プリアパリライ」という仏教寺院跡がある。

f:id:tranning:20180421194051j:plain

f:id:tranning:20180421194116j:plain

f:id:tranning:20180421194154j:plain

f:id:tranning:20180421194224j:plain

f:id:tranning:20180421194247j:plain

f:id:tranning:20180421194310j:plain

f:id:tranning:20180421194341j:plain

f:id:tranning:20180421194405j:plain

f:id:tranning:20180421194434j:plain

f:id:tranning:20180421194516j:plain

www.tranning.site

「スポンサーリンク」



最近ここに来て記事が重複しますが、凝りもせずさらにブログを開設しました。

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

   ↓↓↓

   「tranning’s diary」

 

tranning3「旅のフォトコラム」

tranning5.blog.jp

 

年に何回か旅に出た時の報告を、リアルタイムでなく紹介しています。

 いずれホームページにしたいブログ!!

 

↓↓↓↓↓ 

tranning.net

10年前から始めているこちらの「アメブロ」には過去の旅、特に各地のマラソン大会 に参加した時のレポートを掲載していますので、ランナーの方問わず是非ご覧戴き参考にしてください。

↓↓↓

「Tranning World」

「TRANNING 旅とランニングのコラムcolumn」

今後の旅、マラソン大会への参加の情報に少しでもお役に立てればと思っております。。。

 航空券、ホテル他の海外、国内を含めての手配は是非このサイトのリンクからお願いします!!

 



広告

コメントを残す