湖南線終着駅、港町「木浦(モッポ)」へ、ソウルからKTX山川(サンチョン)で3時間15分の旅

f:id:tranning:20181011222711j:plain

「木浦(モッポ)駅」は、湖南線の終着駅で木浦は朝鮮半島の最西南端に位置する港町。

かつては中国と日本との交易で栄えていた街で、日本統治時代は8千人以上の日本人が住んでいたと言われる。

「木浦(モッポ)駅」

「龍山(ヨンサン)駅」発9時30分の「KTX山川(サンチョン)」に乗車して、「木浦(モッポ)駅」には12時45 分に到着。

日本の新幹線同様オンタイム3時間15分ぴったり、遅れがあたりまえのタイ鉄道とはえらい違い。

終着駅らしく、各プラットホームには乗車してきた「KTX山川(サンチョン)」、「KTX」、「SRT」、「ムグンファ号」のそれぞれの車両が停車してました。

f:id:tranning:20181011222751j:plain

f:id:tranning:20181011222836j:plain

f:id:tranning:20181011222857j:plain

f:id:tranning:20181011222923j:plain

f:id:tranning:20181011222949j:plain

f:id:tranning:20181011223021j:plain

f:id:tranning:20181011223042j:plain

f:id:tranning:20181011223121j:plain

f:id:tranning:20181011223201j:plain

f:id:tranning:20181011223248j:plain

f:id:tranning:20181011223315j:plain

 

広告

コメントを残す