「カンチャナブリー」からタイ西部、ミャンマー国境の街「サンクラブリー」へ!!

 

 

カンチャナブリーに3泊滞在した後に行ったのは、タイとミャンマーの国境の街「サンクラブリー」。

 

今回の旅は「旧泰緬鉄道」の痕跡を訪ねるのが目的なので、鉄道を使いたかったが、今は路線がありません。

 

なので、バスそれもミニバスしかないとの事で3時間かけて行ってきました。

 

「カンチャナブリー バスターミナル」~「サンクラブリー」

 

 

バスの出発場所は、カンチャナブリーバスターミナルからですが、聞いたらターミナルの目の前のビルにチケット販売所があり、その建物の前から出ます。

 

車種は、大型のバスではなくロットゥー(ミニバン)かと思ったが、日本でいうマイクロバスタイプ。

 

3時間とのことで、5月に行ったチェンマイ~パーイ~メーホンソンの行程が頭に浮かんだが、勿論山道でカーブの連続だったが、そんなすごいロードではなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンクラブリーのバス到着所からホテルまでは、距離が少しありましたが、街中主なポイントはすべて歩いて廻る事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルにチェックイン後荷物を部屋に置き、早速散策へ。(ホテルの案内は後日)

 

まずは、このサンクラブリーのシンボル「モンブリッジ」周辺から。

 

その後は再び街中の市場周辺をぶらりと、一発でこの街が気に入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 


 

作成者: tranningcom

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を掲載しています。 もうすぐ仕事はリタイヤになりますので、その後は日本で旅費を稼ぎながら一編に廻れないので、特に旅費が安上がりに済む時期を見計らって世界各国の旅に出る予定です。 旅のコンセプトは足を使う事で、その体力作りの為にもランニングを続けています。

コメントを残す