夜明けの「サンクラブリー」~「モーンブリッジ(ウッタマーヌソン橋)」周辺は、神聖な托鉢の光景を見る事が出来ます。。。

 

 

「サンクラブリー」の朝は、まだ暗いうちから動きだします。

 

この冬の季節は、日本と同じく陽がのぼるのが6時30分過ぎで、常夏のタイでもここのこの時間帯はTシャツ1枚では寒く、1枚上着が必要な陽気。

 

「サンクラブリー」~「モーンブリッジ(ウッタマーヌソン橋)」

 

 

「サンクラブリー」のシンボル「モーンブリッジ(ウッタマーヌソン橋)」は、タイでは一番最長の木造橋。

 

世界では2番目の長さとのことで、では世界最長の木造橋を検索すると、何と行った事がありその橋を往復した。

 

世界最長の木造橋は、日本の静岡県にある「蓬莱橋(ほうらいはし)」。

 

でも迫力と造り、大きさ、神秘性、景観から言えばこちらの方に軍配が上がります。

 

 

この橋は時間によって全く違った光景を醸しだす。

 

早朝の雰囲気は、前日の昼間とは別のもの、おそらく季節によっても違うのではないかと。

 

そしてこの朝の時間帯でなければ見れないものがある、僧侶の托鉢。

 

タイのローカルの街とかでも朝みかけたが、ここサンクラブリーの托鉢の光景はどれも始めて見る光景でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

作成者: tranningcom

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を掲載しています。 もうすぐ仕事はリタイヤになりますので、その後は日本で旅費を稼ぎながら一編に廻れないので、特に旅費が安上がりに済む時期を見計らって世界各国の旅に出る予定です。 旅のコンセプトは足を使う事で、その体力作りの為にもランニングを続けています。

コメントを残す