「サンクラブリー」、「カオ レーム湖(Khao Laem Lake)」をボートトリップにて寺院巡り!!

 

 

「サンクラブリー」は、「カオ レーム湖」というクアイ川に繋がる「カオ レームダム」の建設によって出来た湖の畔にあります。

 

季節によって水量が変わるというので、訪れた12月は乾季なので水量が少ないのかと思ったが、雨季が終ったばかりでこの時期は水量は多いとの事。

 

「サンクラブリー」、「カオ レム湖(Khao Laem Lake)」

 

 

 

 

 

ボートツアーは、300バーツからと明記されていたが、客が1人の場合は絶対にその料金では出してくれないと思ったが、よっぽどお客がいないのか300バーツでOKとの事。

 

船頭のおじさんと案内役には10代の少年の2人に、客は自分1人。

 

 

 

 

 

水に沈んだ寺院旧「ワット・ワン・ウィウェーッカーラーム」に行くのかと思いきや、最初は船から一旦丘に上陸し、寺院を参拝。

 

その間もしっかりと少年が案内してくれました。(言葉はお互いの片言の英語で)

 

タイでは流暢な英語で話しかけられたり、案内されるよりは片言、あるいはボディーランゲージでお互いの意思を通じ合わさせるのが絶対にいい。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は船に乗ったまま、湖に沈んだ寺院旧「ワット・ワン・ウィウェーッカーラーム」他へ、結構船が揺れて水の飛沫がかなりかかってきた。

 

もう少し後になるとここの寺院も水が引いて、直接入る事が出来る様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下船時に船頭に300バーツを支払い、それ以上は要求されず。

 

ガイド役の少年にチップとして50バーツ渡したのみ、一人で貸し切りで約2時間ぐらいのボートツアーだったので大変満足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.tranning.site

 

 

www.tranning.site

 

 

www.tranning.site

 

 

www.tranning.site

 

 

www.tranning.site

 

 

 

 

<旅に便利なカードはこちら>

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今迄10年間ブログを続けていた「アメブロ」の記事をこちらのブログに引っ越しを

して過去の記事も見やすくしています。

 

 是非ご覧ください。

↓↓↓↓↓ 

 

tranning3「旅のフォトコラム」

 

tranning5.blog.jp

 

年に何回か旅に出た時の報告を、リアルタイムでなく紹介しています。

 

凝りもせず、もっと色々な方に見て貰おうと思って開設したブログ!!

 

ここ最近のすべての集大成がここで見ることが出来、デザインも気にいってますのでこちらもご覧ください。

 

↓↓↓↓↓ 

 

tranningcom.me

 

10年前から始めているこちらの「アメブロ」には過去の旅、特に各地のマラソン大会 に参加した時のレポートを掲載していますので、ランナーの方問わず是非ご覧戴き参考にしてください。

↓↓↓

「TRANNING 旅とランニングのコラムcolumn」

「Tranning World」

 

 

記事をご覧になった方は、是非こちらをクイックしてください!!

 ↓↓↓↓↓ 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

海外、国内の個人旅行、マラソン大会等の航空券、ホテルの手配は下記サイトから検索してみてください。

⇓ ⇓ ⇓

スポンサーリンク

<色々なホテルサイトが比較でき、その日に空室があるホテルを最安値で検索できます>

↓↓↓

 

 

 

 

<ホテル予約サイト、海外、国内も超格安ホテルから高級ホテル迄部屋の在庫が豊富>

↓↓↓

 

Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】 航空券にホテルをプラスで、Air+割

 

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】

 

 <国内のホテルの数が多く、最安値で空室が確認出来ます。マラソン大会の前、後泊、ビジネスの宿泊に最適>

↓↓↓

楽天トラベル

 

<地方のマラソン大会への往復、安上がりでゆったりな移動に最適>

↓↓↓

高速バスWILLER EXPRESSのシート一覧

 

<現地参加のツアー、空港からの送迎バスの予約迄>

↓↓↓

 

VELTRA

 

 

 

 

 

ネットからのお買い物はここを通して購入すると、ポイントを貯めることが出来現金にも換えられます。

↓↓↓

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

コメントを残す