「JEATH戦争博物館」、「泰緬鉄道博物館」~ここでカンチャナブリーの泰緬鉄道,捕虜収容所の全容が!!

 

 

「カンチャナブリー」には、戦時中の泰緬鉄道建設の全容や、捕虜収容所の記録を残した博物館があります。

 

その中の「JEATH戦争博物館」と「泰緬鉄道博物館」に行って入って見ました。

 

「カンチャナブリ」~「JEATH戦争博物館(JEATH War Museum)」

 

 

「JEATH」とはJapan,England,Australia,Thailand,Hollandの頭文字を取ったもの。

 

クウェー川沿いの先に紹介した「ワット チャイチュンポン」の敷地内にあり、ここの僧により管理されている。

 

捕虜収容所を再現しているようで、建物は竹で造られている。

 

展示物は、当時の写真、スケltヅチ、絵画が中心、中にはショッキングな絵もあり、第二展示室には銃、刀、弾薬その他当時使われていた日用品が展示されています。

 

画像は展示室の中は撮影禁止なので、外の建物のみ。

 

入場料50バーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カンチャナブリ」~「泰緬鉄道博物館(Death Railway Museum)」

 

 

「泰緬鉄道博物館」は、泰緬鉄道の建設に従事している様子をジオラマ、蝋人形などリアルに再現しているものが展示されています。

 

かなりグロテスクなものもあり、心が打たれるものがある。

 

写真とかよりは確実に訴えるものが感じてくるので、「JEATH戦争博物館」より見る価値はあります。

 

ただし入場料は140バーツ、2Fのコーヒーショップで飲み物が飲める券が付いているので、見た後も暫くゆっくりと出来ます。

 

目の前は「連合国軍共同墓地」。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カンチャナブリ」~「連合国軍共同墓地(Kanchanaburi Allied War Cemetery)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

作成者: tranningcom

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を掲載しています。 もうすぐ仕事はリタイヤになりますので、その後は日本で旅費を稼ぎながら一編に廻れないので、特に旅費が安上がりに済む時期を見計らって世界各国の旅に出る予定です。 旅のコンセプトは足を使う事で、その体力作りの為にもランニングを続けています。

コメントを残す