「チェンライ カードルアン市場」~まずは着いた翌朝は必ずここへ、そう市場へ足が向きます。。。

 

 

タイの北部には「チェン」を使った街が多いのですが、「チェン」の意味は、「街」とか「都市」とかいう意味で使用されている。

 

「チェンマイ」のマイは、新しいという意味、そして「チェンライ」の「ライ」は王という意味で、かつてはタイ北部を統治したランナー王朝最初の都があった場所。

 

この後に行った「チェンセン」、他にも「チェンコン」、ミヤンマーに「チェントン」、インドには「チェンナイ」とかがあります。

 

「チェンライ」~「カードルアン市場」

 

 

タイの街には大小かかわらず必ずどこでも市場がある。

 

市場の大きさは、その町の大きさに比例しますが、「チェンライ」にも大きくて広いマーケットがあり、着いた翌日の朝に迷わずに行ってみました。

 

「チェンライ市営市場」と「カードルアン市場」が繋がっているので余計に広く、色々な物が置いてある市場で、市民の方で賑わっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*この記事は2019年6月に訪問したものです。

 

 

作成者: tranningcom

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を掲載しています。 もうすぐ仕事はリタイヤになりますので、その後は日本で旅費を稼ぎながら一編に廻れないので、特に旅費が安上がりに済む時期を見計らって世界各国の旅に出る予定です。 旅のコンセプトは足を使う事で、その体力作りの為にもランニングを続けています。

コメントを残す