<ブラック>「バーン ダム ミュージアム(Baandam Museum)」~タイ伝統建築の木彫りの黒い家が点在する美術館!!

 

 

「チェンラーイ」で色彩に特徴がある場所として、寺院ではないのですが「バーン ダム ミュージアム」という<ブラック>を基調とした博物館という位置付けの場所にも行ってきました。

 

「バーン ダム」というのは、タイ語で「黒い家」という意味。

 

「チェンラーイ」~「バーン ダム ミュージアム(Baandam Museum)」

 

 

 

www.tranning.site

 

 

「ワット ロンスアテン」に行ってから、さらに自転車で北上してチェンラーイの街中から13km程の処にあります。

 

途中はこんなサイクリング専用レーンもあり、ほぼ平坦な道。

 

但し、前を走っているのはすべてモーターバイクばかり。

 

 

このミュージアムを作ったのは、チェンライ出身の世界的な芸術家であるタワン・タッチャニー氏。

 

敷地内には様々な黒い建造物が40ほどあり、ここは入館料80バーツ。

 

それぞれの建物の中には、色々な展示物があり、オオカミ、ワニのはく製の皮があったりします。

 

全部の建物の中に入って見るとなると、結構時間がかかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも芸術品の中の展示物、そしてトイレの表示案内が何とも言えない。。。

 

 

 

*この記事は2019年6月に訪問したものです。

 

 

 

作成者: tranningcom

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を掲載しています。 もうすぐ仕事はリタイヤになりますので、その後は日本で旅費を稼ぎながら一編に廻れないので、特に旅費が安上がりに済む時期を見計らって世界各国の旅に出る予定です。 旅のコンセプトは足を使う事で、その体力作りの為にもランニングを続けています。

コメントを残す