「チェンラーイ ホテル(Chaing Rai Hotel)」~チェンラーイ街の中心、ロケーション抜群で千円台で宿泊出来るホテル!!

 

 

「チェンラーイ」で3泊したホテルは、その名もズバリ「チェンラーイ ホテル」。

 

街の中心、旧時計塔と新時計塔のちょうど中間地点で、ローケション抜群で宿泊代も1泊千円台で、もちろん個室。

 

「チェンラーイ」~「チェンラーイ ホテル(Chaing Rai Hotel)」

 

 

 

 

■ チェン ライ ホテル (Chiang Rai Hotel)

519 Suksathit Road, T. Wieng チェンライ タイ 57000 

 

スタンダードルーム 1泊 1,756円 X 3泊 計5,178円 税金・サービス料込

 

予約を入れたのはこのサイトから

↓↓↓

 

 

1、レセプション、共有スペース、建物内

 

そんな大きくはないホテルで、レセプションの脇にはソファー、共有スペースとかは揃っているが、プールとかフィットネス等の設備はなし。

 

嬉しかったのが、1日50バーツだがレンタルサイクルがホテルにあった事。

 

建物の真ん中は吹き抜けになっていて、1Fにはテーブル、椅子もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

2、部屋の設備

 

部屋はそんなに広くはないですが、ベッドはキングサイズのダブルベッド、エアコン、TVあり、ミネラルウォーターは1日2本付いていたが、冷蔵庫はなく、湯沸かしポットがありコーヒー、お茶の粉末スティクが付いてました。

 

バスルームは、シャワーのみだがシャンプー、リンス、ボディーソープの3つがあった。

 

トイレは手動ウォシュレット付。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、朝食、夕食は・・・

 

ホテル内にはレストランはないですが、道路挟んで目の前にコーヒーショップ、近くには安い食堂はあり食べるにも困らない。

 

コンビニもすぐそばに、最初の夜は雨だったので出かける気にもならず、コンビニで色々な物を買ってきて部屋で食べた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 *この記事は2019年6月に訪問したものです。

 

 

作成者: tranningcom

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を掲載しています。 もうすぐ仕事はリタイヤになりますので、その後は日本で旅費を稼ぎながら一編に廻れないので、特に旅費が安上がりに済む時期を見計らって世界各国の旅に出る予定です。 旅のコンセプトは足を使う事で、その体力作りの為にもランニングを続けています。

コメントを残す