古都「チェンセーン(Chiang Saen )」の街並を見る~濠、城壁内の寺院をここでも自転車で廻ってみる!!

 

DSC_7587_1.jpg

 

「チェンセーン」は「チェンセーン王国」の都として14世紀に栄えた町で、独特な様式の仏塔、寺院が残っている。

 

19世紀には、「メコン川」を往来して中国との交易の中継点として栄え、今でも「メコン川」を使ってラオス、ミャンマー、中国との繋がりがあります。

 

 

「チェンセーン(Chiang Saen )」の街中(城壁内)

 

  

 

1、レンタサイクル FOR RENT 

 

「チェンマイ」、「チェンライ」に比べれば街は広くないが、今回2泊宿泊したホテルも「メコン川」沿いに中心から離れていたので(ホテルは又後日紹介)、ここでは2日間レンタサイクルを借りる。

 

街の中心の通り沿いに、この看板を上に掲げた店を発見。

 

モーターバイクがメインのようだが、自転車も何台かあったので迷わず、ただほぼママチャリのみでした。

 

2日間48時間で100バーツ、デポジットなし。(愛想のいいおやじさんが1人できりもみしているよう)

 

 

 

 

  

 

2、街を囲んでいる濠、城壁

 

「チェンセーン」の街の中心は、「メコン川」を東に城壁と濠に、「チェンマイ」の四方に囲まれているのでなく、三方に囲まれている中に街の中心があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、「ワット プラチャオ ラントーン」(Wat Phrachao Lanthong)

 

街の中心にある黄金寺院。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4、「ワット プラタート チェルディルアン(Wat Phrathat Chediluang)」

 

チェンセーンでもっとも高いパゴダがそびえる寺院。

 

チェディルアンというのは、「大きなパゴダ」という意味で、高さ88メートル×底の幅24メートルあるとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5、「チェンセーン国立博物館(Chiang Saen Museum)」

 

様々な仏像と、少数民族の民族衣装の展示などがある。

 

外国人の入場料は100バーツということで、ここは外から眺めただけで中には入りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*「チェンセーン」の街並、寺院巡りは続きます。。。。。。

 

 

**この記事は2019年6月に訪問したものです。**

 

 

 

作成者: tranningcom

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を掲載しています。 もうすぐ仕事はリタイヤになりますので、その後は日本で旅費を稼ぎながら一編に廻れないので、特に旅費が安上がりに済む時期を見計らって世界各国の旅に出る予定です。 旅のコンセプトは足を使う事で、その体力作りの為にもランニングを続けています。

コメントを残す