かつての王国の都「チェンセーン」の街並を引き続き~濠、城壁の外側の寺院も自転車で廻ってみる!!

 DSC_7601_1.jpg

 

「チェンセーン」の街を囲っている、濠、城壁の外側にも「チェンセーン王国」で栄えていた遺跡、寺院等があります。

 

そんな大きな街でもないので、自転車があれば効率良く廻ることが出来る。

 

 

www.tranning.site

 

 

「チェンセーン」の街中(濠、城壁の外側)他

 

 

「チェンセーン」の街中には下記の様な、自転車専用レーンもちゃんと完備されているので、「チェンセーン」に来た時は山道、坂とか全くなく是非レンタサイクルで、街中を廻る事をお勧めします。

 

 

 

 

6、「パーサック歴史公園(Pasak Historical Site),「ワット パーサック(Wat Pasak)」

 

市街の西濠、城壁の外側に「ワット パーサック」を中心に、遺跡、森がある公園が「パーサック歴史公園」。

 

中心にあるレンガ色の仏塔、そこにある彫刻物を見ると、ここが「アンコールの遺跡」と言ってもいい程。

 

中の遺跡は、ちゃんと管理されている様、なのでかここはしったりと拝観料50バーツかかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7、「ワット プラタート チョームキッティ(Wat Phrathat Chomkitti)」

 

街の北西に少し離れた場所の、小高い丘の上に「ワット プラタート チョームキッティ」があります。

 

下にある廃墟の仏塔の脇のレンガ状の階段を上がると、黄金の仏塔、礼拝堂があり、その裏側からは、チェンセーンの全景、メコン川、さらにラオスまで一望できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8、「ワット パーカオパーン(Wat Phakhaophan) 他

 

街中には、小さな寺院を含め、レンガ状の遺跡があちこちにあり、「チェンセーン」の街は見所満載。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**この記事は2019年6月に訪問したものです。**

 

 

作成者: tranningcom

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を掲載しています。 もうすぐ仕事はリタイヤになりますので、その後は日本で旅費を稼ぎながら一編に廻れないので、特に旅費が安上がりに済む時期を見計らって世界各国の旅に出る予定です。 旅のコンセプトは足を使う事で、その体力作りの為にもランニングを続けています。

コメントを残す