「メコン川」のそれぞれの光景~チェンセーンにて朝方、昼間、雨上がりの午後、夕刻、日の入り。。。

 DSC_7833_1.jpg

 

「メコン川」は、チベット高原に源流を発し、中国の雲南省を通り、ミャンマー・ラオス国境、タイ・ラオス国境、カンボジア・ベトナムをおよそ4200キロにわたって流れ、南シナ海に抜ける大河。

 

 

 

 

「メコン川」 「チェンセーン」からの眺め

  

 

 

「メコン川」には、過去ベトナムのミトーの河口に、ホーチミンから日帰りで訪れ「メコン川クルーズ」を体験したり、カンボジアのプノンペンに滞在して川沿いを散策したりしました。

 

近いうちに是非ラオスの「メコン川」の色々な、ポイントに行ってみたり、中国 雲南省の源流にも是非行ってみたい。

 

 

ここチェンセーンは、この広さでも上流から中流の位置付。

 

 

滞在中は、雨季が始まったばかりでそんなに天気は良くなかったが、1日でも時間によって「メコン川」の色々な光景に出くわす事が出来た。

  

 

1、朝方の「メコン川」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

2、昼間の「メコン川」

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、午後雨上がりの「メコン川」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 


 

 

 

 

  

 

4、夕刻サンセットの「メコン川」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**この記事は2019年6月に訪問したものです。**

 

 

 

作成者: tranningcom

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を掲載しています。 もうすぐ仕事はリタイヤになりますので、その後は日本で旅費を稼ぎながら一編に廻れないので、特に旅費が安上がりに済む時期を見計らって世界各国の旅に出る予定です。 旅のコンセプトは足を使う事で、その体力作りの為にもランニングを続けています。

コメントを残す