「カオソーイ」~タイ北部名物、日本で言えば揚げカレー麺を、「チェンマイ」、「チェンラーイ」で食す!!

 IMG_7359_1.jpg

 

「カオソーイ」は、主にタイ北部で親しまれている揚げカレーラーメンのこと。

 

ココナッツミルク入りの味わいのカレースープに「ゆで麺」と「揚げ麺」を両方加え、肉、野菜トッピングして食べる麺料理。

 

 

「カオソーイ」~タイ北部の名物麺料理

 

タイだけでなく、ラオスの「ルアンパバーン」などの北部での名物でもあるよう。

 

ただ「カオソーイ」と言っても、それぞれの土地、または店によっても違う。

 

今回は、「チェンマイ」と「チェンラーイ」にて食べてきたので、お店と共に紹介します。

 

 

1、「アルーンライ」 チェンマイ ターペー門近く

 

 

 

最初に宿泊した「ターペー門」の近くにあったので、行ってみた「アルーンライ」。

 

薄暗くなってから行ったにも関わらず、店内にはお客が居ずちょっと入りずらかったが、カオソーイガイ(鶏)を注文、カオソーイだけだと足りなそうなので、フライドライス、レモンジュースも一緒に。

 

3点で150バーツだったかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

2、「カオソーイ イスラム」 チェンマイ ナイトバザール近く

 

 

同じく「チェンマイ」の「ナイトバザール」からピン川に近い処に、イスラム教のモスクがありその側にあるのが、その名も「カオソーイ イスラム」。

 

なので料理もムスリム系なので、豚肉類は一切なし、恐らくアルコールも(元々酒は一切飲まないので)なし。

 

ここは、最初にチェンマイ訪れた時と、その後に来た時2度訪問しました。

 

最初はチキンで、その次はシーフード。

 

カオソーイとレモンライムジュースで70バーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、「ラーン ボージャイ カオソーイガイ」 チェンラーイ 時計塔近く

 

 

 

「チェンラーイ」に行った時も、やはりカオソーイ。

 

「チェンマイ」で食べたのと比べて、若干味が濃かった様な、ここも2回訪れました。

 

量もここはまあまああったので、単品と飲み物を注文しただけで充分。

 

カオソーイ、ドリンク合わせて55バーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4、「發清」 かと思ったら。。。「發栄」? チェンマイ市歴史館の前(旧市街) 

 

 

 

ここはカオソーイでなく、カオマンガイのお店。

 

どうも目的のお店と勘違いして入ったお店、系列店なのかカオマンガイのお店が並んでいて、「發清」というのが有名と他の方のブログにあったが、何とこのお店のカオマンガイは味もしLたうかりしていて、バンコクのピンクのと比べても数段上でした。

 

店の名前を食べてから、出る時に確認したら「發栄」、隣が「發清」でした。

 

ボイルとフライのミックスのカオマンガイ、ミネラルウォーターとで70バーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**この記事は2019年6月に訪問したものです。**

 

 

 

作成者: tranningcom

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を掲載しています。 もうすぐ仕事はリタイヤになりますので、その後は日本で旅費を稼ぎながら一編に廻れないので、特に旅費が安上がりに済む時期を見計らって世界各国の旅に出る予定です。 旅のコンセプトは足を使う事で、その体力作りの為にもランニングを続けています。

コメントを残す