「ソイ ブッカオ(Soi Buakhao)」界隈のパタヤでガッツリと、安くて旨い朝食が食べられたレストランの紹介!!

 

 

ホテルに宿泊する際、出来る限り朝食付きの格安ホテル又は朝食を付けても、大幅に料金が変わらないホテルを選びますが・・・。

 

パタヤのソイ ブッカオ界隈に宿泊する際は、その条件に当てはまらなくても全く問題ありません。

 

安くて、量もたっぷり、内容も良く、美味しいブレックファーストメニューがあるお店が、沢山あり充実しています。

 

 

「ソイ ブッカオ(Soi Buakhao)」 界隈で安くて、内容が良かったレストラン

 

朝食に関しては以前も案内している様に、朝食付きで特にバッフェとかであれば、そこでガッツリと朝食べて、昼は抜きにして夕方早めに夕食を食べるというパターンにしています。

 

とは言っても酒は飲まないので、アルコール代はかからないですが、それでも夜はコーヒーショップに寄って、スイーツ系を食べたり、コンビニでは必ず飲み物、スナック類を買ってしまうのであまり節約にはならないが。。。

 

ソイブッカオ又はパタヤの中心界隈のホテルに宿泊する場合は、朝食付きのホテルをチョイスする必要はありません。

 

朝食メニューが充実した、そして中には1日中朝食メニューが食べられるレストランが沢山あります。

 

それだけこの界隈に宿泊している方の、行動時間がずれているので。

 

そんなに何回も行っている訳ではないですが、行った店を紹介します。

 

今は、営業していない、休業しているかもしれないのであしからず。

 

1、「レトックス(Retox Sports Bar,Restaurant&Hotel)」 

 

 

 

 

ソイ ブッカオからソイ レンキーに入った右側で、夜はスポーツバー、建物の上はホテルもやっている(メインはホテル)、看板がど派手なのですぐ分かります。

 

店の中に入るといかにもTVの画面では、朝からサッカーの試合が流れていていかにもスポーツバー、居るのはファラン(欧米人)ばかり。

 

 

 

 

 

 

 

ここで注文するのは、99バーツ(330円)のイングリッシュ ブレックファースト。

 

オレンジジュースにコーヒー(デミタスカップにて)が最初に。

 

 

 

 

その後に大皿にたっぷりと、トーストが2種類、ソーセージが普通と違い、そして黒いブラックプディングこれだけでも他と違う朝食メニュー。

 

この時は、スクランブルエッグにしたが、次に行った時は目玉焼きにしたら、2つと豆の煮たのも付いてきた。

 

大満足のメニュー、さらにもっとビックサイズのイングリッシュブレックファーストもあるとの事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、「ザ ヘブン(The Heven Hotel&Restaurant)」 

 

 

 

 

この日も「レトックス」に行こうと思ったが、改装中かなにかでやっていなかった。

 

ただ隣にはスポーツバーでなく、屋外型のバーはあったが朝はもちろんやっていない。

 

しかたないので引き返して、数件手前にある「ザ ヘブン」へ。

 

 

 

ここも建物の上は、ホテルになっていて店の前に出ているパネルを見ると、部屋も広く新しい感じ。

 

店に入るとここもお客は、ファンランばかりでここに宿泊しているのか、朝食をとってからゴルフに行くようで、外にはいくつものゴルフバックが立掛けてあった。

 

 

 

 

 

 

 

注文したのは、Worksというブレックファーストメニュー100バーツ、コーヒーはデミタスカップで出てきます。

 

「レトックス」に比べるとボリュームは少ないが、ソーセージ、ハムが美味しく、マッシュルーム、焼きトマトが付いている。

 

ホテルのバッフェ朝食との違いは、チキンソーセージでない事。

 

 

 

 

 

 

 

 

3、「チップス カフェ(Thip`s Cafe)」

 

 

 

 

「カイガタ」という独特の朝食メニューがあると聞き、このメニューを出してくれる「チップス カフェ」へ。

 

ソイ ブッカオからは少し離れるが、パタヤカンとサードロードの正に交差点にあるお店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外にもテラス席があり、ここは喫煙が出来る様。

 

交差点にある車とか、人通りが多いがちゃんとしたコーヒーショップ。

 

セットメニューも色々あり、朝だけでなく昼、夕食もゆっくりここでとれそう。

 

そして注文したのは、勿論カイガタ(Asian Style) 119バーツ。

 

 

 

 

コーヒー、オレンジジュース、トースト2枚、そして鉄板の上に目玉焼き2個、その上にソーセージ、ハムの輪切り、ひき肉、ネギが載っていて胡椒で味つけしてある。

 

ボリュームは今一だが、一度食べてみる価値はあり。

 

 

 

 

 

 

4、「チャンキー モンキー パタヤ(Chunky Monkey Pattaya)」

 

 

 

 

この店は「ソイ ブッカオ」沿いにあり、朝でなく夜に行ったがブレックファーストメニューも充実しているよう。

 

ランチ、ディナーもセットメニューがある、店の名前は「チャンキー モンキー」外側から見ても派手なのですぐに分かる。

 

 

 

 

ここもテラス席と屋内の席があり、客はファランがほとんど。

 

パタヤに来る、特にヨーロッパ系は結構スモーカーが多いので各店の作りもテラスがあるオープンエアーの店を結構見かけるが、店の中はしっかりと禁煙になっていて、ここは中はクラーががんがんに利いています。

 

 

 

 

 

 

 

チキンカツのセットメニューがお勧めで安い価格で出ていたが、メニューを見たらこの料理が目に入り釘づけに。

 

マッシュルームの上にソーセージが3本、その上に玉ねぎ、グルービーソースがかかった料理。

 

これとビックカップのコーヒーを注文、両方で確か180バーツ(600円)ぐらいだったかと。

 

 

 

 

 

 

 

ドイツ料理だろうが、このソーセージと玉ねぎに絡めたグルービーソースの味わいが最高。

 

今度来た時には、ここでブレックファーストを是非!

 

 

 

隣にハンバーガーの種類も多く、本格的なハンバーガーショプが、ここ何とその隣はマクドナルド。。。

 

ここも是非次回来た時に寄りたいお店!!

 



 

パタヤには食べるには全然困らない程、沢山色々な種類のお店があり何処も安くて、美味しい、そしてバンコクのお店よりどの店も入り易いのが特徴。

 

これだからパタヤの訪問はやめられない。

 

アルコールは一切やらなく、ゴーゴーバー、バービアにも行かない自分でもここは天国、果たしていつから行ける様になるのか。。。

 

 

**この記事は2019年6月、12月に訪問したものです。**

 

 

作成者: tranningcom

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を掲載しています。 もうすぐ仕事はリタイヤになりますので、その後は日本で旅費を稼ぎながら一編に廻れないので、特に旅費が安上がりに済む時期を見計らって世界各国の旅に出る予定です。 旅のコンセプトは足を使う事で、その体力作りの為にもランニングを続けています。

コメントを残す