「ジョムティエン ロングステイ ホテル」~ジョムティエン地区で朝食、バスタブ付で1泊千円台のホテル!!

 

 

パタヤでの宿泊パターンはジョムティエン地区に最後泊まって、ここからのバスでスワンナブーム空港へ直行する。

 

この時も最初はパタヤの中心に宿泊してから、ホテルの名前からして長く滞在する様なホテルだが、3泊しました。

 

ファラン(欧米系)のそれもリタイアした(自分もそうだが)方々が、長期間宿泊するホテル。

 

 

「ジョムティエン ロングステイ ホテル(Jomtien Longstay Hotel)」

 

 

 

 

 

 

少しビーチからは離れていますが、ジョムティエン地区に向かうソンテウがビーチ方面を右に折れる前で、下車すればすぐ。

 

なのでパタヤの中心に行くのも、ひっきりなしにソウテウが通り、10バーツで行けるので便利。

 

■ ジョムティエン ロングステイ ホテル (Jomtien Longstay Hotel)

403/28 Moo12 Jomtien Beach Road 2 Nongpure,Banglamung ,Chouburi, ドンターンビーチ, パタヤ, タイ, 20150

1泊 税、サービス料込 1,760円 (朝食付き)

 

ダブルルーム(バルコニー付き) (Double Room with Balcony)

 

今サイトを見ると、1,400円で同じ条件で宿泊出来るよう。

 

一か月滞在しても40,000円ちょっとなので、コンドミニアムを借りるよりお得。

 

 

今回も予約を入れたのはこのサイトから

↓↓↓

 

 

1、入口、フロント

 

建物は至って普通のマンション、コンドミニアムタイプ。

 

1F直入ってロビー、レセプションがあります。

 

フロント応対は決して良いとは言えないが、もう慣れっこで確かデポジットは受け取らなかったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、部屋の内装、設備、備品等

 

このホテルの一番のポイントは、部屋が広い事で30㎡はあると思います。

 

さすがにロングステイしても全然息苦しさは感じなく、ベッドはキングサイズ、ゆったりソファが2つある。

 

勿論エアコン、TV,冷蔵庫も大きめなのが完備している。

 

そしてなによりなのが、バスタブ付き、パタヤでは千円台のホテルでバスタブが付いちゃいます。

 

洗面所の広さも中級7ホテル並み、トイレも手動ウォシュレット付。

 

ベランダにはプラスチックの椅子一つだが、バルコニーもある(眺めは良くないですが)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、プール

 

広めのプールも完備、プールサイドにはソファベット、テーブルも完備、ただあまり水が綺麗でないのが難点。

 

海の帰りにちょこっと浸かって、あとはプールサイドでまったりと。

 

 

  

 

 

 

4、レストラン、朝食

 

レストランは、ロビー、フロントの奥で朝食時しかやってなかった様な。

 

この料金で朝食付きなので文句は言えず、メニューはセットメニューで3種類ぐらいあったと思います。

 

3回食べてアメリカンブレックファースト、お粥、そして画像に撮ったフルーツボール。

 

これが良かった、トースト、コーヒー、オレンジジュースはどのメニューにも付いてくる。

 

近くにレストランもあるので、朝食付きでなくてもいいが、長い滞在をして毎日このメニューだとさすがに飽きるかも。

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

パタヤでの滞在では、千円台でこのようなホテルに宿泊出来ますので、ゲストハウスのドミトリー(相部屋)には泊まる必要はありません。

 

そしてこのホテルからだと、スワンナブーム空港行きのバスターミナルまで、歩いて行けますのでタイの旅の最後を飾る滞在先に是非お勧め!!

 

一ヶ月10万円ちょっとあれば、楽々パタヤでの生活が出来ちゃう。

 

早くコロナの影響がなくなって、ゆっくりとのんびりとパタヤで時間を過ごしたいものです。。。

 

 

 

**この記事は2019年6月に訪問したものです。**

 

 

作成者: tranningcom

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を掲載しています。 もうすぐ仕事はリタイヤになりますので、その後は日本で旅費を稼ぎながら一編に廻れないので、特に旅費が安上がりに済む時期を見計らって世界各国の旅に出る予定です。 旅のコンセプトは足を使う事で、その体力作りの為にもランニングを続けています。

コメントを残す