「ジョムティエンビーチ(Jomtien Beach)」をひたすた歩き、ビーチロードの端No.1のスポットまで行くと⁉

 


  

ジョムティエンビーチに来ると、必ずビーチ又はビーチ沿いの歩道を歩いて南下するのが恒例に。

 

勿論ここパタヤは、1年中泳げるしビーチライフも楽しめるが、雨季と乾季では若干ビーチの様子が違うのが分かります。

 

 

「ジョムティエンビーチ(Jomtien Beach)」

 

 

 

 

ジョムティエンビーチでも手前の方は、ホテルの件数が沢山あるので、ここも冬場の乾季はロシア人が中心。

 

午前中、午後と潮の満ち引きが大分違うみたいで、ビーチの砂浜の面積も広かったり、狭かったりする。

 

雨季に入ったばかりの6月の方が、圧倒的に遠浅になっている様な感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ジョムティエンビーチ サイン」~「No.1のスポット」まで

 

 

 

 

ここの距離は5.2㎞あり、1時間もあれば歩き切れます。

 

ビーチロードは途中まで遊歩道が設けられていますが、真中ぐらいの場所は地元の漁師さんの区域な様で、砂浜には漁船、網などが置かれていて、すでに朝の漁が終った後みたいな雰囲気。

 

 

 

 

上記のモニュメントのここから

下記の標識まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このジョムティエンビーチは、どこまで行っても必ずホテルが、それも結構な高層の建物があるのが多く、今まさに建築中の物件もあり、中国の資本が進出しているのが分かります。

 

日本人は、長く住み着いている方もいる様ですが、ここジョムティエンではほとんど見かけません。

 

お店の前に大きなカニの模造が目印の有名なレストラン「プーペン シーフード」、ここも中国人の団体がかなり入ってます。

 

 

 

 

 

 

 

そしてビーチロードは、ここ「Lungsawai Seafood」というレストランの前、「No,1のスポット」がある処で、左に折れその先は右に折れる道になっています。

 

「ジョムティエン地区」というのはこの先も続くようですが、「ジョムティエンビーチ」というのはここまで。

 

6月に行った時には、この先のビーチには砂浜が広がっていて歩いて行けたが、12月の時には海の水がお店の下ぎりぎりまできていて、行く事が出来なかった。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

  

ここでビーチに座り込んで、暫く海を眺めていたら三脚を使って写真を撮っている女性がいて、向こうから何気なく声を掛けられて写真を撮って欲しいとの事、お互いのカメラで何枚か撮りあいをして、片言の英語で少し話をしてFacebookのアドレスを交換。

 

パキスタン人との事、そこまで聞かなかったが国がらムスリムに関わっていると思うが、服装は大胆で積極的に話かけてきたのでビックリ!!

 

どちらかと言うと、普通の日本人の方と違って自分は、スリムでなくこの様なグラマータイプで中東アラブ及びラテン系の女性の方が興味があります・・・。

 

ムスリム同様に酒が飲めない、酒を中心に出す様な処を好まないというのもありますが。

 

でもその後は何度かのFacebookのやりとりで、終わってしまいました。

 

なのでパタヤに引かれるという事にもなりますが。。。

 

 

 

 

 

 

 

**これらの画像は2019年6月と12月に訪問したものです。**

 

そしてなにより、このジョムテンビーチに入れ込み、ここに来ると必ず自分の足でここを往来するのは、2016年に「パタヤマラソン」に参加して、このビーチ沿いをこの様な様相で走ったので、余計に思い入れがあります。

 

 


 

 

 

作成者: tranningcom

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を掲載しています。 もうすぐ仕事はリタイヤになりますので、その後は日本で旅費を稼ぎながら一編に廻れないので、特に旅費が安上がりに済む時期を見計らって世界各国の旅に出る予定です。 旅のコンセプトは足を使う事で、その体力作りの為にもランニングを続けています。

コメントを残す