「クバール スピアン(Kbal Spean)」~川岸、川底の彫刻や碑文、聖水の滝、、暫し自然を満喫出来るトレッキング ②

 

 

シェムリアップ川の源流のひとつ、ストゥンクバールスピアン川の川岸や川底に、1000年ほど前に彫られたインド神話をモチーフとした彫刻や碑文などが見られます。

 

これらの彫刻によって川の水が、聖水となって流れている。

 

 

「クバール スピアン(Kbal Spean)」~シェムリアップから50km

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彫刻の中で特徴的なのは、何と言ってもこの「1000本リンガ」。

 

リンガとはヒンズー教の神シヴァをあらわす男性器の象徴。

 

ほかに女性の本源「ヨニ」をあらわす彫刻もある。

これら神聖な彫刻の上を流れた水は清められ、その水が川を伝ってシェムリアップ全土を潤し、トンレサップ湖まで流れ、トンレサツプ川、メコン川まで流れる。

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この聖水が滝になつた場所では、滝壺に滝の水にあたって瞑想にふけっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 



 

 

 

 

 

往復で4㎞ぐらいのトレッキングを兼ねた遺跡見学が出来る場所で、他の遺跡とは少し違った自然を味わいながら廻れます。

 

 

 

tranning.site

 

 

 

*2年前の2018年の丁度今の時期1月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けてこれから暫く紹介していきます。

 

 

コメントを残す