シェムリアップ川沿いを散策~街中の寺院 「ワット プリアプロム レイス」を参拝しながら。。。

 

 

「アンコール国立博物館」を見学してからシェムリアップ川沿い街の中心まで歩くと、街中の喧噪とは違い静かで川沿いに木々が生えていて木蔭になっているので何とも気持ちが良く散策が出来ます。

 

ベンチがあったりここにも彫刻があったり、洒落たカフェがあり、この辺の路地では物売り達の休憩場所にもなっている様。

 

オールドマーケットの裏の川沿いに立派な寺院もあります。

 

「シェムリアップ川沿い」~「ワット プリアプロム レイス」

 

 

 

 

① シェムリアップ川沿い

 

旅に出ると時間に余裕があるので、許容範囲内だったら必ず自分の足で色々な処に行きます。

 

さすがにアンコール遺跡群を見るには、距離があるのでレンタルサイクル、50㎞以上ある処はトゥクトゥク、それ以上のプリアヴィヘア遺跡は車を使いましたが。

 

今コロナ禍の状態でも、家の近くの川沿い、公園をあまり人通りのない処を選んで、以前はランニングをしてましたが、今はすれ違う時の人の視線も気になり、当分はゆっくりと毎日必ず5~7㎞ぐらいのウォーキングをしてます。

 

旅に出ると特に川沿い、ビーチ等の海沿いを歩くのが気持ちいいので、毎日の歩行距離は10㎞以上になる。

 

 

 

ここシェムリアップ川沿いは、川の両側に道があり歩道も整備されていてウォーキングには丁度いい。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②「ワット プリアプロム レイス」

 

20世紀になってから建てられた寺院ということで、他の遺跡群に比べれば新しいが中には色々な建物、像があり見ていてもタイの寺院とは又違った雰囲気がある。

 

ここは拝観料が無料なので是非訪れてみてみる価値があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

*2018年の1月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。

 

 

コメントを残す