トンレサップ川沿い「リバーサイドパーク」~プノンペン市民の憩いの場となっている場所!!

 

 

メコン川に合流する前のトンレサップ川沿の王宮、シルバーパゴダ付近からワット プノンの手前までは綺麗に整備されています。

 

早朝には市民の散歩、ジョキングの場となっており、夕方には川からの心地良い風に当たりながらの夕涼みの場所になっている。

 

 

プノンペン~トンレサップ川沿い「リバーサイドパーク」

 

 

 

このトンレサップ川は、アンコールワット遺跡群の「クバール スピアン」を源流としたシェムリアップ川が、トンレサップ湖に注がれさらにトンレサツプ湖からこのプノンペンまで流れているので、アンコール遺跡からこのプノンペンへ、さらにメコン川を伝うと南シナ海まで水路で繋がっているという事。

 

 

このリバーサイドが周辺と比べて段違いに整備されていますが、以前は降雨の度に浸水被害が起こったことから、数年前、日本のODAにより大規模な治水工事が行われたそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの「リバーサイドパーク」の道を隔てた街並が、アジアとは少しかけ離れているような雰囲気で、ホテル、レストランなどの建物が連なっていて、この一角のみを見ると少し中近東から南欧を醸し出した雰囲気。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*2018年の1月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。

 

 

 

コメントを残す