「ポップ イン チュンポン(Hop Inn Chumphon)」~街の少し外れにあるカラフルな格安チェーン系ホテル

Hotel

 

 

チュンポンにて宿泊したホテル、「ポップ イン チュンポン」を紹介致します。

 

バンコクから列車に乗って、夜チュンポンに着き1泊しましたが、リーズナブルなホテルの割には設備がしっかりしており、建物も新しく気持ち良く滞在出来た。

 

ポップ イン チェーンのホテルはタイの主な都市に必ずある日本で言えば「アパ ホテル」、「ルートイン」の様なビジネス系ホテルで、少し中心からは離れているので車での利用が多い様。

 

 

チュンポン~ポップイン チュンポン(Hop Inn Chumphon)

 

 

 

 

 

■ ホップ イン チュンポン (Hop Inn Chumphon)

75/59 Soi Krumluang Chumphon 3, ムアンチュンポーン, チュムポーム, タイ, 

 

ただ日本のビジネスホテルよりは、部屋の広さが倍以上、そして料金は半額以下。

 

宿泊した時は、2千円ちょっとだったが、今サイトで確認したら千円台で宿泊ができます。

 

今回も予約を入れたのはここのサイトから

↓↓↓

 

https://www.agoda.com/ja-jp/ja-jp/hop-inn-chumphon/hotel/chumphon-th.html

 

 

■ ホテル外観

 

 

 

 

■ ホテル 正面 フロント

 

ホテルの外観も派手だが、中のフロントもデザインに凝っていて全体的に濃いブルーが特徴。

 

このホテル朝食は付いていないが、フロントの横にいつでも飲めるコーヒーマシンがある。

 

それと横には冷凍庫があり、これもい食べ放題のアイスキャンデーがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 部屋の様子、設備

 

ベットは、シングルよりは広めのセミダブル。

 

全てにおいて新しく清潔で綺麗、一通りの設備は全部揃っている。

 

バスルームはシャワーのみだが、新しいので温度、水圧もバッチシ。

 

トイレは手動ウォシュレット付、衝立があるのでシャワー浴びた後もびちょびちょにならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ ホテルの周辺

 

ホテル内にはレストラン、プールとかの施設はなし。

 

なので1,2泊程度の宿泊では問題なし、少し通りから入った処にあるのでホテルの廻りは民家、雑木林だが、少し歩けばチュンポンのメイン通り。

 

着いた時は夜遅かったので閉まっている店がほとんどだったが、レストランもあり、コンビニも通沿いにあるので不便さは感じない。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

*2018年の5、6月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。

 

 

【中古】【全品10倍!6/10限定】深夜特急 <全6巻セット> / 沢木耕太郎(書籍セット)
楽天市場
2,948円

 

深夜特急 劇的紀行 [DVD]
楽天市場
9,497円

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました