「ランブトリ通り( Rambuttri Alley)」~カオサン通りから一本横に入った裏手、ここの方が本来のカオサンの姿が顧みられる!!

Street

 

 

 

「カオサン通り」が以前はバックパッカーのたまり場と呼ばれていたが、随分前からその地位を1本裏通りのこの「ランブトリ通り」に奪われた形。

 

実際こちらの通りの方が、色々なお店がありレストランとかの種類も多い。

 

レストランの中には木々がそのままになっていて、ランタンとかの照明、ユニークな彫刻の置物が置いてあったりして雰囲気が最高にいい。

 

カオサン通りで、酒に酔って乱痴気騒ぎをしている人種もあまり見かけない。

 

 

バンコク~カオサン「ランブトリ通り ( Rambuttri Alley)」

 

 

 

 

と言っても人通りは多いが、ざっと見ても普通の旅人がほとんどだが、夜のある時間になるとバックパックを担いだ人々が1店舗の前に並んでいる。

 

ここロンプラヤ社の「バンコク カオサンオフィス」、夜21時から22時ぐらいまでの間はバックパッカーの密度が非常に高くなります。

 

 

 

 

「タオ島」、パーティーアイランド「パンガン島」へ行く、夜行バスと船のジョイントチケットを販売している。

 

ネットから購入してもここで受付をしてから出発するよう。

 

なのでこの店舗の前は、バックパックを背負ったバックパッカー(ほぼファラン欧米系がほとんど)の列、出発までこの周りの店で食事をしていて、テーブルの脇にもバックパックが。

 

 

自分はバスよりそこに鉄道があればそれを選ぶので、タオ島まで行く時にはチュンポンまで鉄道で、そこからは「ロンプラヤ社」のカタラマンに乗りましたが。。。

 

昨年の夏から初冬にかけてのオフシーズンは、コロナの影響で営業を停止していたが、今は本数限られているが運行しているみたい。

 

 

 

 

下記画像5枚は、2017年に行った時に撮った画像、これをみればカオサンはバックパッカーの聖地と言えるが、ただ今カオサン通りに屯している人種とはあきらかに違う。

⇓ ⇓ ⇓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夜のランブトリ通り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昼のランブトリ通り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**画像は2年前、又はそれ以前に訪れた時のものを、あえて今の時期海外にまだ行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫くまだまだストックしている画像がありますので、過去画像ですが紹介していきます。

 

 

情報は多少古く今は変っている場合がありますので、ご了承ください。

 

今年は是非、まずはタイから訪れてじっくり滞在して、この2年以上の期間をリセットしたいものです。。。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました