広告

「麗水(ヨス)」の中心港周辺をぶらぶら~ここでもあの銅像があった。。。

「麗水(ヨス)」の中心街は、駅からは離れていて海側の湾の港を中心に広がっています。

港の手前のロータリーには、ここでも「木浦(モッポ)」の儒達山(ユダルサン)同様、李舜臣(イ・スンシン)将軍の銅像が日本の方角を見て睨みをきかせています。

そのすぐそばにもあの銅像が。。。

広告

木浦(モッポ)の旧市街をひたすら歩いて廻る~ここがかつて日本人街があった場所だが今は。。。

木浦(モッポ)駅から港に行く儒達山(ユダルサン)の東側通りは、かつて日本統治時代に日本人が多く住んでいた場所。

日本領事館が置かれていた程、ソウル、釜山に次ぐ日本にとって重要な都市で、今でもその当時の佇まいを垣間見ることが出来ます。