「莒光号」に乗車!!「台南」から「高雄」へはあえて、本数が少なくなっているこの列車で。。。

「台鉄 莒光号」 「台南」から「高雄」へは、どうしても乗ってみたかった「莒光号」にて移動。 「莒光号」は日本で言えば急行列車、「自強号」(特急列車)より停車駅は多いですが、電動機関車にて牽引されて客車もちょっと旧型。 色 … 続きを読む : 「莒光号」に乗車!!「台南」から「高雄」へはあえて、本数が少なくなっているこの列車で。。。

広告

「台南に来たことがないと、台湾に行ったこととはいえません。」と言っておりますが!?

 「安平地区」から「台南駅」まで歩くと、予定していた列車にはまだ時間があるのでここは定番の観光地になりますが、「台南 孔子廟」にちょこっと寄ってきました。 ここは台南駅からでも充分に歩いて行ける距離。 「スポンサード リ … 続きを読む : 「台南に来たことがないと、台湾に行ったこととはいえません。」と言っておりますが!?

「安平地区」から「台南駅」まで運河沿いをひたすら歩いてみたら,ここでも特別なものを見ることが出来た!!

「安平老街」からの帰りも行きと同じバスにすれば早く着くのですが、急いでいる旅でもなく又途中でなにかしらの発見、出会いとかがあるかもしれないと思って台南の駅まで歩いて帰る事にしました。

「安平」から「台南駅」まで約5.5km,すでに安平地区をうろうろしていたので、この日は朝の散歩、また夜も合わせると20km以上歩いたことになります。 … 続きを読む : 「安平地区」から「台南駅」まで運河沿いをひたすら歩いてみたら,ここでも特別なものを見ることが出来た!!

「同記安平豆花 Anping Bean Jelly 」~に寄ってスイーツかき氷を喰らってから、疲れが吹っ飛び再び歩いて!!

「同記安平豆花安平2号店」 ここ偶然通りがかって発見したお店で、後で確認したらかなり有名なスイーツ専門店とのことでした。 「同記安平豆花」の安平2号店、本店はもっと先にあるよう。 「豆花」という豆腐とプリンが合わさった感 … 続きを読む : 「同記安平豆花 Anping Bean Jelly 」~に寄ってスイーツかき氷を喰らってから、疲れが吹っ飛び再び歩いて!!

セクシーチャイナドレスの美女軍団との出会い~引き続き台南「安平老街」の路地裏から!!

「安平老街」の路地裏をウロウロしていると、なんとチャイナドレスを身にまとったお姐さん方が・・・。

写真の撮影をしていた様ですが、「撮ってもいいですか?」と尋ねると心よく応じてくれ、しっかりとポーズもとってくれた。 … 続きを読む : セクシーチャイナドレスの美女軍団との出会い~引き続き台南「安平老街」の路地裏から!!

路地裏探索ノスタルジックの世界に突入!!~引き続き「安平老街(アンピンラオジエ)」から。。。

屋台商店街の「延平街」を少し横道に逸れて、路地裏に入るとそこにはノスタルジックの世界が待っています。

どこも古い壁とレンガの建物に、そこに色々な花が咲いていて何とも言えない空間。 … 続きを読む : 路地裏探索ノスタルジックの世界に突入!!~引き続き「安平老街(アンピンラオジエ)」から。。。

「安平老街」を歩く~色々な物を売っている屋台風商店街、看板の垂れ幕が派手!!

「安平古堡」から横に行くとここも観光地特有のお土産物のお店が並んだ商店街があります。 台湾では朝市、夜市もそうですが、昼間でも普通のお店の前にはお土産物屋でも食べ物屋でも必ず屋台を出して商売している様に、屋台文化が根づい … 続きを読む : 「安平老街」を歩く~色々な物を売っている屋台風商店街、看板の垂れ幕が派手!!

「台南 安平地区」をひたすら歩く~次は「日塩式宿舎」から「安平小砲台」まで

「安平樹屋」から海の方角に向かうと、そこかしこに色々な建物との遭遇が出来ます。

旧日本式の建物から寺院、教会、そしてかつての砲台の後まで。 … 続きを読む : 「台南 安平地区」をひたすら歩く~次は「日塩式宿舎」から「安平小砲台」まで

「安平」に来なくては、古都「台南」に行ったとは言えない!!~まずは「安平樹屋」から

古都「台南」は、台湾の発祥の地でここから台湾の歴史が始まります。 ここ台南の地に港が築かれてから、諸国との貿易が始まりまだその時には「台北」も「高雄」も単なる集落にすぎなかった。 「台南」でも駅周辺、街中から少し離れてい … 続きを読む : 「安平」に来なくては、古都「台南」に行ったとは言えない!!~まずは「安平樹屋」から

「永楽市場」~「水仙宮市場」 食の都でもある台南の人々の胃袋を満たす!! Vol.2

「永楽市場」とある建物の中から市場の中に入って、一旦外に出てみたら今度は「水仙宮市場」と出ていた。

永楽市場と長楽市場というのがあり、地元では全部まとめて「水仙宮市場」と呼んでいるそうです。 … 続きを読む : 「永楽市場」~「水仙宮市場」 食の都でもある台南の人々の胃袋を満たす!! Vol.2