広告

「釜山駅」~「ソウル駅」迄「ムグンファ号」に乗車して、「東京」~「ソウル」3日間かけて走破!!

「釜山駅」からも各駅停車に乗って「ソウル駅」まで行きたかったが、数年前から普通列車がなくなっています。

そこで今は、一番普通列車に近い停車駅の多い「ムグンファ号」に乗車。

京釜線 「釜山駅」~「ソウル駅」

今韓国の鉄道の幹線で走っている列車は、すでに日本での新幹線クラスの「KTX」(通常のKTXとKTX山川)が主流、そして2年前からそれよりも早い「SRT」も走ってます。

その他は「セマウル号」と「ムグンファ号」のみ。

但し大都市では、地下鉄と近郊通勤電車が併用して走っています。

事前に「コレイル4日間フレックスパス」をNETで購入していたので、期日内のどの日でも4日間韓国の鉄道が乗り放題(但しSRTは乗車出来ません)。

なので、「KTX」でも「ムグンファ号」でも「釜山駅」~「ソウル駅」間の料金は同じ。

「コレイルパス」のチケット(NETからの購入だったので、pdfをプリントしたもの)を持っていても、チケット売り場でそれを見せてから希望の列車を言ってチケットを発券して貰う。

一番早いSRTで2時間30分で着いてしまうが、「ムグンファ号」は9時30分に釜山を出てソウルに15時08分着、6時間近くかかるが初日の乗り継ぎの11時間よりは絶対にラクチン。

「ムグンファ号」の隣には、最新の「SRT」が停車しています。

日本と違って在来線と同じ駅のプラットフォームを使用、線路も在来線と一部高架線を使っているだけで日本の新幹線と同じ速度の列車が走っている。

この点は日本のJRも見習う必要があるのでは。

「ムグンファ号」は日本の旧特急と同じ車両、なのでシートもゆったりとしていて6時間乗車しても全く疲れない。

釜山から出発した時には、かなりガラガラでわざわざ「ムグンファ号」に乘って6時間かけてソウルに行く方はいないが、ただ今は普通列車が走っていないので、途中から乗って2,3区間乗車してくる人がひっきりなし、あっという間に満席になり又暫くするとガラガラそして又満席の繰り返しでソウルまで。

韓国のローカルの方を観察するには、「ムグンファ号」に乗車するのが一番。

携帯の電話がかかってもボリュームが大きく、様々な着信音、おまけに話をする声がでかい。

列車の中でもおかまえなしに電話に夢中の人が多い。

もちろんちゃんとトイレもあるし、飲み物の自動販売機もありました。

途中の太田(デジョン)駅。

ソウル駅は、「仁川空港」から空港線で来た時に利用したが、在来線のプラットホームに到着するのは初めて。

東京から3日間かけて、飛行機を使わず列車とフェリーだけで、各駅停車だけでとは最終的にならなかったが、快速を含めた普通列車、集中豪雨の影響で山陽本線の一部が不通になっており、三原~徳山間は新幹線「こだま」を使い、下関~釜山は関釜フェリー、釜山~ソウルは一番停車駅が多い、「ムグンファ号」を利用して時間にすると60時間。

飛行機であれば東京~ソウル、2時間30分で行けますが、あえて3日間60時間をかけた旅。

金額も青春18キップ2日分、フェリー代は半額、宿泊代、韓国に入ってからの運賃、今回一部新幹線も使ったので片道2万円ぐらいになったかなというかんじ。

飛行機で行くのと変わらない、LCCとか格安航空券の方が安いですが、お金には代えがたいものがあります。

フルタイムの仕事を、リタイアしたならでは出来る旅です。

ソウル駅では、KTX以外の車両の列車も見かけました。

ソウル駅は東京駅と同じ造りのレンガの旧駅舎がそのまま残っていて、さらに新しい近代的なガラス張りの駅舎が隣同志に。

今迄10年間ブログを続けていた「アメブロ」の記事をこちらのブログに引っ越しを

して過去の記事も見やすくしています。

是非ご覧ください。

↓↓↓↓↓

tranning3「旅のフォトコラム」

tranning5.blog.jp

年に何回か旅に出た時の報告を、リアルタイムでなく紹介しています。

凝りもせず、もっと色々な方に見て貰おうと思って開設したブログ!!

ここ最近のすべての集大成がここで見ることが出来、デザインも気にいってますのでこちらもご覧ください。

↓↓↓↓↓

tranningcom.me

いずれホームページにしたいブログ!!

↓↓↓↓↓

tranning.net

10年前から始めているこちらの「アメブロ」には過去の旅、特に各地のマラソン大会 に参加した時のレポートを掲載していますので、ランナーの方問わず是非ご覧戴き参考にしてください。

↓↓↓

TRANNING 旅とランニングのコラムcolumn

Tranning World

今後の旅、マラソン大会への参加の情報に少しでもお役に立てればと思っております。。。

航空券、ホテル他の海外、国内を含めての手配は是非このサイトのリンクからお願いします!!

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

広告

夜明けの「釜山港」から入港「釜山港国際旅客ターミナル」にて韓国入国!!

下関を出た「ソンフェ号」はゆっくりと「釜山港」へ早朝に入港して、埠頭には6時過ぎに着きますが入国審査が8時からとのことで、停泊したまま暫く7時45分まで船内で待たなければなりません。

「釜山港」入港から「釜山港国際旅客ターミナル」

夜が明けてから船はゆっくりと「釜山港大橋」をくぐり抜けて「釜山港国際旅客ターミナル」に入港。

「釜山港へ帰れ」という歌(1フレーズしか覚えてないですが)が、必然的に口ずさむということは歳をとったなと感じます。

船室のマット、毛布、シーツを畳んで、荷物をまとめてから船内レストランにて朝食ビュッフェ600円を取りながら、下船を待ちます。

8時前にやっと下船してからは入国審査をして「釜山港国際旅客ターミナル」を出て歩いて「釜山駅」へ。

www.tranning.site

www.tranning.site

今迄10年間ブログを続けていた「アメブロ」の記事をこちらのブログに引っ越しを

して過去の記事も見やすくしています。

是非ご覧ください。

↓↓↓↓↓

tranning3「旅のフォトコラム」

tranning5.blog.jp

年に何回か旅に出た時の報告を、リアルタイムでなく紹介しています。

凝りもせず、もっと色々な方に見て貰おうと思って開設したブログ!!

ここ最近のすべての集大成がここで見ることが出来、デザインも気にいってますのでこちらもご覧ください。

↓↓↓↓↓

tranningcom.me

いずれホームページにしたいブログ!!

↓↓↓↓↓

tranning.net

10年前から始めているこちらの「アメブロ」には過去の旅、特に各地のマラソン大会 に参加した時のレポートを掲載していますので、ランナーの方問わず是非ご覧戴き参考にしてください。

↓↓↓

TRANNING 旅とランニングのコラムcolumn

Tranning World

今後の旅、マラソン大会への参加の情報に少しでもお役に立てればと思っております。。。

航空券、ホテル他の海外、国内を含めての手配は是非このサイトのリンクからお願いします!!

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

東京からソウルまで「青春18きっぷ」を使っての各駅停車の旅~岡山から下関、関釜フェリーに乗船!!

山陽本線の「三原駅」からの先が7月の集中豪雨の影響で一部区間が未だ普通、代行バスが走っているとの情報はありましたので、それでも早め時間も余裕を持って岡山駅を出発したのですが・・・。

「青春18きっぷ」を使って東京からソウル各駅停車の旅~岡山から下関まで

岡山駅の改札でも代行バスの運行状況を聞いたのですが、実際に三原駅に行って確認してくださいとの返事。

まずは三原行きの各駅停車に乗車、途中福山、尾道とか瀬戸内海の海沿いを通るルート。

5年前に参加した「しまなみ海道ウルトラマラソン」に参加したのを思い出します。

後にも先にも100㎞を完走したのはこのレースだけ、福山城からしまなみ海道を渡って四国の今治城まで走った(歩きも含めて)のが今でも一番印象に残っている。

・岡山8:40~三原10:10

サイトとかの情報を確認しても、代行バスが走っている三原駅に着いたら、こんな張り紙の案内が。

広島まで行くには、山陽本線ルートの代行バスはなし、呉線沿いで三原~広、呉~広島間のみ代行バスがあるが、何と時間が全く合わない、駅員に聞いたら広島に行くには4時間以上はかかるとのこと。

これではいくら時間かかるのはいいが、その先の岩国の先もバス代行とのことで、へたしたらフェリーの時間にも間に合わなくなる。

ということで・・・。

三原から徳山間はやむを得ず新幹線を利用しました。

新幹線乗車の場合は、「青春18きっぷ」は勿論使うことが出来ず、乗車券、特急券を別に購入5,500円予定外の出費。

ただ乗車したのは新幹線の各駅停車、「こだま号」。

車両は、西しか走っていない「レイル・スター」でした。

・三原11:05~徳山12:02 新幹線 「こだま735号」

・徳山12:38~下関14:30

下関に着いて逆に少し時間が出来たので、駅から船が出船するターミナルの先に気になる建物が・・・。

天気が良い時には高い処から市内を一望するのが一番手っ取り早い。

■海峡ゆめタワー

入場料は600円で、上の展望台からは、関門海峡大橋、対岸の九州門司、港周辺、巌流島等すべてが一望出来ます。

・下関19:45~釜山7:45 関釜フェリー 「ソンフェ号」

日本船籍の「はまゆう」と韓国船籍の「ソンフェ号」が交互に運行していて、この日は「ソンフェ号」。

「青春18きっぷ」持参で半額の4,500円にて乗船。(事前に電話にて予約が必要)

窓口にて飛行機と同じ搭乗券を発行して貰い、出国審査、手荷物検査を済ませてから船内に。

2等船室(10名店員の船室)ですが、この日は8人で利用でしたが、マット、シーツ、枕、毛布があり、荷物置き場もあるので全く狭さも感じない。

レストラン、そして大浴場もあるので夜、朝お風呂にも入れるのでホテルと同じ。

時間かかるが横になって寝て行けるので船旅もいいかも、この日は天候も悪くなかったので揺れもなくスムーズに。

www.tranning.site

今迄10年間ブログを続けていた「アメブロ」の記事をこちらのブログに引っ越しを

して過去の記事も見やすくしています。

是非ご覧ください。

↓↓↓↓↓

tranning3「旅のフォトコラム」

tranning5.blog.jp

年に何回か旅に出た時の報告を、リアルタイムでなく紹介しています。

凝りもせず、もっと色々な方に見て貰おうと思って開設したブログ!!

ここ最近のすべての集大成がここで見ることが出来、デザインも気にいってますのでこちらもご覧ください。

↓↓↓↓↓

tranningcom.me

いずれホームページにしたいブログ!!

↓↓↓↓↓

tranning.net

10年前から始めているこちらの「アメブロ」には過去の旅、特に各地のマラソン大会 に参加した時のレポートを掲載していますので、ランナーの方問わず是非ご覧戴き参考にしてください。

↓↓↓

TRANNING 旅とランニングのコラムcolumn

Tranning World

今後の旅、マラソン大会への参加の情報に少しでもお役に立てればと思っております。。。

航空券、ホテル他の海外、国内を含めての手配は是非このサイトのリンクからお願いします!!

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

「青春18きっぷ」を使って,東京からソウル各駅停車韓国鉄道の旅~東京(大宮)から岡山まで

「青春18きっぷ」を使って東京から韓国ソウルまで3日間かけて各駅停車⁉、列車で行き、帰りも何か所か廻り帰ってきました。

今回は隣の国韓国だったので、下関~釜山往復はフェリーを使いましたが飛行機は一切使わずその他はすべて鉄道で14日間の旅。

韓国内の訪問した都市の紹介、情報は後にして一部のブログではリアルタイムでfacebook投稿のコピペにて紹介しましたが、旅の途中では詳しく紹介する時間がなく、且それに時間を費やすのは勿体ないので暫く更新が出来ませんでした。

まずは行程からですが、「青春18きっぷ」の利用ですのですべて普通列車の利用が条件。

そして「青春18きっぷ」を持っていると「関釜フェリー」の乗船券が半額になるとの情報を聞いて、長年の構想の夢が実現しました。

今迄現役の時にも「青春18きっぷ」は地方のマラソン大会に行く時に使っていたが、2週間の休暇が取れたとしても決して実行はしなかった。(フルタイムの仕事をしている時は休みが取れたら、こんな無駄な使い方をする旅はしたくてもしなかったでしょう)

ソウルまで3日間かけて行くのですから、いくら「青春18きっぷ」を使っても宿泊代、フェリー代、韓国内の鉄道、食事代を合わせれば、LCC、格安航空券の方がよっぽど安くいけますが。。。

「青春18きっぷ」を使って東京からソウル各駅停車韓国鉄道の旅~東京(大宮)から岡山まで

ルートとか乗り継ぎの電車は、一応調べてからスタートをしたが、やはり予定通りには行けませんでした。

1日目の目標は岡山まで、東京駅から朝一番6時ちょうどの「のぞみ」に乗れば9時過ぎには岡山に着いてしまいます。

自分が住んでいるのは「さいたま市大宮」なので、朝一番4時台の京浜東北線にて東京駅へ。

・東京5:46~沼津8:04

・沼津8:09~静岡9:03

乗り継ぎまで少し時間があったので、静岡駅のホームで立蕎麦。

・静岡9:21~浜松10:32

・浜松10:44~豊橋11:17

JR東海、JR西日本の普通列車は、シートは横の長椅子式ではなく、進行方向に向かっての2人用のシートなのでゆったり出来、そんなに長い時間乗っていても疲れない。

・豊橋11:20~大垣12:47 快速

・大垣13:12~米原13:47

・米原13:05~姫路16:17 新快速

ここでこのまま乘っていれば姫路に着くはずだったが、加古川周辺が集中豪雨の為にこの電車は姫路に行けず西明石で停まってしまうとの事。

西明石からなら、新幹線もあるが出来ることなら避けたい。

そしたら明石駅から山陽電鉄で姫路まで振替輸送(無料)してくれるらしい。

山陽電鉄の存在すら知らなかった、明石駅から姫路駅までの直通特急というタイプだが、ここでは案内通りに乗るしかない。

追加料金とか一切取られなく、姫路まで行くことが出来た。

ただ山陽電鉄姫路駅とJR姫路駅は少し離れているので、JR駅に歩いて。

阪神電鉄と相互乗り入れをしていて、阪神梅田から山陽姫路まで直通。

・姫路17:07~相生17:27

・相生17:28~岡山18:39

電車11本を乗り継いで、地元大宮を出てから14時間かかって岡山に着きました。

岡山ではカプセルホテルにて宿泊、食事も近くのラーメン屋。

翌朝岡山城、後楽園に、まだ時間が早くて中には入れなかったが、この日に下関まで行かなくてはならないので。

続きます。。。

今迄10年間ブログを続けていた「アメブロ」の記事をこちらのブログに引っ越しを

して過去の記事も見やすくしています。

是非ご覧ください。

↓↓↓↓↓

tranning3「旅のフォトコラム」

tranning5.blog.jp

年に何回か旅に出た時の報告を、リアルタイムでなく紹介しています。

凝りもせず、もっと色々な方に見て貰おうと思って開設したブログ!!

ここ最近のすべての集大成がここで見ることが出来、デザインも気にいってますのでこちらもご覧ください。

↓↓↓↓↓

tranningcom.me

いずれホームページにしたいブログ!!

↓↓↓↓↓

tranning.net

10年前から始めているこちらの「アメブロ」には過去の旅、特に各地のマラソン大会 に参加した時のレポートを掲載していますので、ランナーの方問わず是非ご覧戴き参考にしてください。

↓↓↓

TRANNING 旅とランニングのコラムcolumn

Tranning World

今後の旅、マラソン大会への参加の情報に少しでもお役に立てればと思っております。。。

航空券、ホテル他の海外、国内を含めての手配は是非このサイトのリンクからお願いします!!

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

「タ ケウ」(クリスタルの古老)~石組がそのままの未完成の遺跡!!

f:id:tranning:20180824130355j:plain

「アンコールトム」から東側を暫く行くと、アンコールワット造営の試金石として建てられた「タケウ寺院」があります。

ピラミッド式寺院だが、無骨な石組みが露出した未完成の遺跡。

シェムリアップ 「タ ケウ」

ジャヤヴァルマン五世によって11世紀初頭に造営が始められたが、王の突然の死によって未完成のまま放置されている。

中央に階段があり上にも登る事が出来、上からも遺跡を眺められる。

今この遺跡は中国との共同修復作業が行われている最中で、上にも作業員が何人もいました。

f:id:tranning:20180824131527j:plain

f:id:tranning:20180824131709j:plain

f:id:tranning:20180824131733j:plain

f:id:tranning:20180824131754j:plain

f:id:tranning:20180824131829j:plain

f:id:tranning:20180824131900j:plain

f:id:tranning:20180824132228j:plain

f:id:tranning:20180824132302j:plain

f:id:tranning:20180824132330j:plain

f:id:tranning:20180824132409j:plain

f:id:tranning:20180824132441j:plain

f:id:tranning:20180824132604j:plain

f:id:tranning:20180824132636j:plain

f:id:tranning:20180824132914j:plain

f:id:tranning:20180824132954j:plain

f:id:tranning:20180824132730j:plain

f:id:tranning:20180824132802j:plain

f:id:tranning:20180824133025j:plain

f:id:tranning:20180824133054j:plain

「チャウサイデヴォーダ」、「トマノン」~「アンコールトム」の「勝利の門」をくぐって直に!!

f:id:tranning:20180824002622j:plain

「アンコールトム」の「勝利の門」から500m程離れた処に道路を挟んで、南側に「チャウサイデヴォーダ」 が北側には「トマノン」があります。

 

両方とも規模は小さいが、12世紀初頭に建てられたそのままの形を残している遺跡。

シェムリアップ 「チャウサイデヴォーダ」、「トマノン」

「チャウサイデヴォーダ」は、「アンコールトム」の中にある「バブーオン」と同じ様な空中参道が。

f:id:tranning:20180824002756j:plain

f:id:tranning:20180824002829j:plain

f:id:tranning:20180824002858j:plain

f:id:tranning:20180824002925j:plain

f:id:tranning:20180824003254j:plain

f:id:tranning:20180824003331j:plain

f:id:tranning:20180824003401j:plain

f:id:tranning:20180824003429j:plain

f:id:tranning:20180824003508j:plain

f:id:tranning:20180824003543j:plain

f:id:tranning:20180824003653j:plain

f:id:tranning:20180824003734j:plain

f:id:tranning:20180824003827j:plain

「トマソン」は美しいデヴァターやレリーフがそのまま残っている。

f:id:tranning:20180824003902j:plain

f:id:tranning:20180824004108j:plain

f:id:tranning:20180824003940j:plain

f:id:tranning:20180824004035j:plain

f:id:tranning:20180824004238j:plain

f:id:tranning:20180824004304j:plain

f:id:tranning:20180824004329j:plain

f:id:tranning:20180824004352j:plain

f:id:tranning:20180824004412j:plain

f:id:tranning:20180824004442j:plain

f:id:tranning:20180824004517j:plain

f:id:tranning:20180824004545j:plain

ホノルルでの食生活はパンケーキ中心に、レストランという類には行かなかったですが。。。

f:id:tranning:20180820195010j:plain

今回のハワイでの滞在中、食べたものを最後に紹介します。

ハワイ、アメリカ全般にも言えることですが食事代が高い!!

ファーストフード、プレートランチでもちょっとしたものは10ドル以下では食べられません。

タイとかの食事代と比べると1食で3~5食分になるので、やはりとても1人では来れない場所。

LCCが飛んでいても、ホテル代、食事代が高くては再び「ホノルルマラソン」に再び参加するのは厳しい・・・。

行ったのはレストランというには程遠い処ばっかりで、ファミレス系、ファーストフード、フードコートのみだけです。

ではホノルルで今回食べた食事を、グルメ情報にはなりませんが。。。

・ヒルトンワイキキビーチ MAC 24-7

ホテルレストランですが、カジュアルな雰囲気で最終日の朝食を食べに行きました。

うっかりと料金も変わらなかったので、超ビックサイズのパンケーキを注文してしまった。

もっとも半分はテイクアウトしましたが・・・。

f:id:tranning:20180820195253j:plain

f:id:tranning:20180820195316j:plain

f:id:tranning:20180820195343j:plain

f:id:tranning:20180820195405j:plain

f:id:tranning:20180820195433j:plain

・アイホップ(オハナ ワイキキ マリア店)

ここもパンケーキで有名なチェーン店、すでに昼過ぎの食事だったがオムレツとパンケーキ、パンケーキは毎日食べても飽きない。

f:id:tranning:20180820200022j:plain

f:id:tranning:20180820200404j:plain

f:id:tranning:20180820200457j:plain

f:id:tranning:20180820200214j:plain

f:id:tranning:20180820200318j:plain

・レッドロブスター (ホノルル モアナブールバード店)

恐らく今回のハワイ旅行で一番高かった食事、ファミレスですが日本では見かけなくなってしまったので。

せっかくなのでレッドロブスター一匹を注文、他はシーフード。

f:id:tranning:20180820200713j:plain

f:id:tranning:20180820200734j:plain

f:id:tranning:20180820200753j:plain

f:id:tranning:20180820200812j:plain

・テッパンヤキファーマー(アラモアナショッピングセンター店)

ステーキロールプレートランチ

以前ホノルルマラソン参加時にも行ったのですが、アラモアナショッピングセンターの裏手にあった店舗「タエズ  テッパンヤキ」が生まれ変わってここのフードコートの一角に出来たとの事。

やはり値段は高くなっていたが、以前もホノルルで食べたものでベストに入るものだったので。

味は変わらず、今回の旅でも一番の味。

f:id:tranning:20180820200908j:plain

f:id:tranning:20180820201335j:plain

f:id:tranning:20180820200927j:plain

f:id:tranning:20180820200953j:plain

・タコベル

日本で増えて欲しいファーストフード店。

f:id:tranning:20180820201055j:plain

f:id:tranning:20180820201233j:plain

f:id:tranning:20180820201252j:plain

・チリーズ(カハラモール店)

これもファミレス系ですが、自分達にとっては贅沢な食事の類。

f:id:tranning:20180820201439j:plain

f:id:tranning:20180820201523j:plain

f:id:tranning:20180820201553j:plain

f:id:tranning:20180820201737j:plain

f:id:tranning:20180820201804j:plain

・チーズバーガーインパラダイス

f:id:tranning:20180820201856j:plain

f:id:tranning:20180820201929j:plain

f:id:tranning:20180820202035j:plain

f:id:tranning:20180820202341j:plain

f:id:tranning:20180820202241j:plain

以上でハワイの情報記事を終了します。

夏休みに入って仕事が続いて、記事も続けて更新することが難しくなりました。

まだカンボジアも途中で、タイもありますので自分の場合は時系列記事ではないので、これからゆっくりと紹介していきます。

もっとも今は、世間一般の方が休みの時期が一番仕事が入ってきますので、この時期が一番忙しいのですが。

ただ今月下旬から一段落しますので、仕事は引き続き秋口まで結構ありますが、若手に譲って又そんなに長くはないのですが旅に出たいと思ってます。

「ワイキキパークハイツ」、「パシフィックモナークホテル」~今回色々あったワイキキで宿泊したホテル!!

f:id:tranning:20180815190839j:plain

今回ワイキキで宿泊したホテルは、オーナー制の部屋を貸している「Airbnb(エアビーアンドビー)」から。

自分達は、「ワイキキパークハイツ」、そして長男達はクヒオ通り挟んで目の前の「パシフィックモナークホテル」。

2件ともキッチンとリビングが付いたコンドミニアム型式のホテルで、むしろ料金と比較しても大満足な部屋でした。

オアフ島 ワイキキ 「ワイキキパークハイツ」、「パシフィックモナークホテル」

前の記事でも案内したように、今この「Airbnb(エアビーアンドビー)」からの予約、自分達のホテル「ワイキキパークハイツ」は時間が限られているが、1Fにカウンターもありオーナーと言っても代理店が間に入っているので何もなく無事に。

しかし!!「パシフィックモナークホテル」は、33Fで部屋の内容は問題なかったがパーキングの事でレンタカーがレッカー移動されたり(前の記事にて)、水回りの件でお湯が出なくなり、その際もホテルのロビーでは対処出来なくオーナーに連絡しなくてはならなかった。

www.tranning.site

おまけに決定的な事が・・・、ロビーからエレベーターホールに入るのにカードキーが必要で(この方式はセキュリティーの事もあり主なホテルどこでも同じ)、数日後にかざしてもドアが開かなくこれはホテル側に言ったら、マスターキーカードを用意してくれた。

ホテル側もただ言って用意してくれた訳ではなく、身分の証明としてパスポートを預けてそれと引き換えに渡してくれたらしい。

そしたら長男はパスポートを預けた事をすっかり忘れていて、帰国日の朝にいくら探してもパスポートがないと言ってきた。

前日の夜に花火を見に行った時に、落としたのかすられたのかと言っており、出発時間に間に合わなくなるのでホテルから取り合えず空港に向かう事にして車で少し走った処で、念のためにホテルのフロントに連絡したら預かっているとの事。

慌てて引き返した次第、自分は以前にホノルル領事館に行って一時帰国証明書を作ってもらった事もあるので、この時は自分と2人で1~2日帰国を延ばせばと思いそんなに汗らなかったのですが・・・。

こんな事もあり普通にホテルを直接、今迄通りホテルサイトとかに予約しておけば全く問題なかったのに!!

なので今日本でも「Airbnb(エアビーアンドビー)」からの予約されている方多く見かける様ですが、何かあった時の連絡、対処方法を良く把握していなくてはなりません。。。

■「ワイキキパークハイツ」

f:id:tranning:20180815190952j:plain

f:id:tranning:20180815191009j:plain

f:id:tranning:20180815191034j:plain

f:id:tranning:20180815191107j:plain

f:id:tranning:20180815191130j:plain

f:id:tranning:20180815191153j:plain

f:id:tranning:20180815191213j:plain

f:id:tranning:20180815191230j:plain

f:id:tranning:20180815191251j:plain

■ 「パシフィックモナークホテル」

f:id:tranning:20180815191312j:plain

f:id:tranning:20180815191338j:plain

f:id:tranning:20180815191358j:plain

f:id:tranning:20180815191433j:plain

f:id:tranning:20180815191457j:plain

f:id:tranning:20180815191529j:plain

f:id:tranning:20180815191549j:plain

「ヒルトンハワイアンビレッジの花火」~毎週金曜日夜のワイキキビーチのイベント!!

f:id:tranning:20180814210445j:plain

ワイキキの週末の夜毎週金曜日に、「ヒルトンハワイアンビレッジ」にて花火が打ち上げられています。

もちろん無料で見れるイベントなので、土曜日のフライトで日曜日着で帰る方が多いので、ワイキキでの最後の夜の思い出になるのでは。

打ち上げ時間は19時45分からで5分から10分もかからないであっという間に終わってしまいますが・・・。

オアフ島 ワイキキ 「ヒルトンハワイアンビレッジ」

夕方にワイキキビーチに行って、前日に1時間ほどレンタルボードを借りサーフィンをしましたが、あばら骨の下を擦りむいてしまったので、この日はおとなしく見学を。

ロングボードは確かに浮力があるが、なんせ重くて扱いが難しい。

35年ぶりにサーフィンをしてみましたが、サーフィンはもうこの歳では無理でした。。。

f:id:tranning:20180814205059j:plain

 

f:id:tranning:20180814205159j:plain

f:id:tranning:20180814205257j:plain

f:id:tranning:20180814205355j:plain

f:id:tranning:20180814210637j:plain

f:id:tranning:20180814210656j:plain

f:id:tranning:20180814210735j:plain

f:id:tranning:20180814210813j:plain

花火は「ヒルトンラグーン」側に陣取り今かと待ってましたが、打ち上げが始まったと思ったらあっという間に終ってしまった。

その後「アラモアナショッピングセンター」に行ってから、ワイキキのホテルへ。

f:id:tranning:20180814210913j:plain

f:id:tranning:20180814210942j:plain

f:id:tranning:20180814211028j:plain

f:id:tranning:20180814211120j:plain

f:id:tranning:20180814211141j:plain

f:id:tranning:20180814211203j:plain

f:id:tranning:20180814211242j:plain

f:id:tranning:20180814211313j:plain

f:id:tranning:20180814211417j:plain

f:id:tranning:20180814211340j:plain

「カイルアビーチパーク」~オアフ島イーストコーストではやはりここに、ホワイトサンドの絶景ビーチ!!

f:id:tranning:20180813200555j:plain

ノースショアからイーストコーストを下って来て、結局辿り着いた先は「カイルアビーチパーク」。

やはり全米No1に輝いた絶景ビーチというだけあり、バウダースノウ状の白砂に青い透明な海、ハワイを代表するビーチ。

この日はかなり混んでいて、隣の「ラニカイビーチ」はとても車を置けないと思い、ここもやっとのことで一台丁度出てきた車があったのでパーキングに駐車することが出来ました。

オアフ島  「カイルアビーチパーク」

f:id:tranning:20180813200815j:plain

f:id:tranning:20180813200954j:plain

f:id:tranning:20180813201037j:plain

f:id:tranning:20180813201136j:plain

f:id:tranning:20180813201214j:plain

f:id:tranning:20180813201327j:plain

f:id:tranning:20180813201405j:plain

f:id:tranning:20180813201514j:plain

f:id:tranning:20180813201549j:plain

f:id:tranning:20180813201653j:plain

f:id:tranning:20180813201735j:plain

f:id:tranning:20180813201856j:plain

f:id:tranning:20180813204713j:plain

f:id:tranning:20180813204806j:plain

f:id:tranning:20180813204902j:plain

f:id:tranning:20180813204948j:plain

f:id:tranning:20180813205012j:plain

f:id:tranning:20180813205140j:plain

f:id:tranning:20180813205110j:plain

オアフ島 ノースイーストコースト~ノースショアから「クアロアランチ」、「チャイナマンズハット」へ。。。

f:id:tranning:20180812212742j:plain

ノースショアから北東部の海岸沿いに、「クロアチアランチ」を目指して。

このノースイーストコーストには、静かな人があまりいない絶景ビーチがいくつかありますが、今回は残念ながら素通り。

「クロアチアランチ」で乗馬体験をしたかったが、この日はすでに締め切りとのこと。

ここはやはりここは個人で来る場合はよっぽど早い時間にこなければ、オプショナルツアーとかのパッケージがどうしても優先のようです。

オアフ島  「クアロアランチ」、「チャイナマンズハット」

「クアロアランチ」の斜め向かいにある、「チャイナマンズハット」がすぐ目の前に見える「クアロナ リージョナルパーク」へ。

・「クアロアランチ」

f:id:tranning:20180812212818j:plain

f:id:tranning:20180812212958j:plain

f:id:tranning:20180812213030j:plain

・「チャイナマンズハット」(クアロナ リージョナルパーク)

f:id:tranning:20180812213116j:plain

f:id:tranning:20180812213153j:plain

f:id:tranning:20180812213234j:plain

f:id:tranning:20180812213304j:plain

f:id:tranning:20180812213436j:plain

f:id:tranning:20180812213515j:plain

f:id:tranning:20180812213551j:plain

f:id:tranning:20180812213633j:plain

f:id:tranning:20180812213701j:plain

ノースショア 「ラニアケアビーチ」~「ワイメアベイ・ビーチパーク」へドライブ。。。

f:id:tranning:20180812001225j:plain

ワイキキビーチからフリーウェイH1からH2を、さらに一般道をノースショアへ時計廻りにドライブしてきました。

ここも2008年の「ホノルルマラソン」の後に、ワイキキから自転車に乗って2日間かけてノースショア迄行ったのを想い出します。

もっとも帰りは「ザ・バス」の前に 自転車を載せてバスで戻りましたが・・・。

オアフ島  ノースショア 「ラニアケアビーチ」、「ワイメアベイ・ビーチパーク」

・「ドールプランテーション」

f:id:tranning:20180812001259j:plain

f:id:tranning:20180812001325j:plain

f:id:tranning:20180812001401j:plain

f:id:tranning:20180812001431j:plain

・「ラニアケアビーチ」

f:id:tranning:20180812001456j:plain

f:id:tranning:20180812001550j:plain

f:id:tranning:20180812001633j:plain

f:id:tranning:20180812001738j:plain

f:id:tranning:20180812001942j:plain

・「ワイメアベイ・ビーチパーク」

f:id:tranning:20180812002043j:plain

f:id:tranning:20180812002122j:plain

f:id:tranning:20180812002205j:plain

f:id:tranning:20180812002248j:plain