広告

ハワイ島 ヒロ~オアフ島 ホノルルへ、この時期にハワイ島に行けて良かった!!

f:id:tranning:20180721160813j:plain

午前中に近くのビーチへ行ってからホテルをチェックアウトしてから、ヒロ空港からホノルルへ。

キラウエア火山へのヘリコプターツアー、キャンセル待ちを入れていたのですがやはりダメ。

先日キラウエア火山噴火の船から見るツアーがあり、溶岩が上から降ってきてけが人が出たとのニュースがありましたが、この時船からのツアーがあるとは全くしらなかった。

知っていて情報があれば、絶対に参加をしていたでしょう!!

事故があってケガ人も出ているのに不謹慎かもしれませんが、キラウエア火山が噴火してから特にメインランドからの観光客が増えてのも事実で、今でしか見れない光景もあります。

キャンセルとかハワイ島に行くのをやめているのは、日本人ぐらいではないでしょうか。

ハワイ島 「ヒロ国際空港」

そんなハワイ島ですが名残おしさを後にホノルルへ、ハワイアン航空の機内から見えるマウナケアもまた素晴らしい。

さすがに飛行ルートはキラウエア火山の上は通らなかった。。。

f:id:tranning:20180721160924j:plain

f:id:tranning:20180721160955j:plain

f:id:tranning:20180721161225j:plain

f:id:tranning:20180721161301j:plain

ホノルルに着いてからは、レンタカーをアイランドプラン(ハワイ島とオアフ島のセットの割安プラン)で借りたので、そのままワイキキのホテルへ。

f:id:tranning:20180721161424j:plain

f:id:tranning:20180721161612j:plain

f:id:tranning:20180721161650j:plain

ハワイ島、こんな感じで独断にて紹介致しましたが、今「キラウエア火山噴火」のニュースが常に流れていますが、「キラウエア火山」以外は全く問題がありません。

まして「コナ地区」とかは全く通常通り、「マウナケア」もこの時期は天候もいいですし、「ヒロ地区」は支障なく逆に結構混んでます。

「キラウエア火山」地区は閉鎖されていて入れませんが、空から海から、夜とか近くまでは行けますが常に情報をキャッチして、無理せず危ない処へは近ずかなければ問題ないかと思います。

広告

「ケンズハウスパンケーキ(Kens House of Pancakes)」~リーズナブルで量、味も雰囲気も最高に良いレストラン!!

f:id:tranning:20180719225513j:plain

ハワイ島で食べに行ったレストランを、紹介しておきます。

「ケンズハウスパンケーキ」、宿泊した「ヒロシーサイドホテル」のすぐそばだったので、夕食と朝食に2回ほど利用。

ハワイ島 ヒロ 「ケンズハウスパンケーキ」

店の中はいかにもアメリカのローカルファミリーレストラン、少し前の時代を象徴したかの雰囲気が最高。

高級ホテルの中に入っている値段が高いレストランなんかより断然いい。

f:id:tranning:20180719225748j:plain

f:id:tranning:20180719225845j:plain

f:id:tranning:20180719225921j:plain

f:id:tranning:20180719230112j:plain

下記は夕食でオーダーしたプレート。

ビーフステーキ、マヒマヒ、シュリンプにマシュルームポテト、マカロニサラダが乗っていて、サイドオーダーでトーストが付く。

オムレツとこのレストランの名物マカデミアンナッツ パンケーキを、とても1人では食べれないのでシェア。

f:id:tranning:20180719225951j:plain

f:id:tranning:20180719230017j:plain

下は朝食でオーダーしたメニュー、ここはパンケーキもいいがオムレツが旨い!!

コーヒーはポットで出てくるので、マグカップ5~6杯分飲めます。

どのファミレスでも量が多いのでどうしても残してしまいますが、そうゆう時は遠慮なく「テイクアウト」を言えば、ちゃんとハッポースチロールの容器を持ってきてくれます。

f:id:tranning:20180719230339j:plain

f:id:tranning:20180719230420j:plain

それとここもホテルから近くにあった入江の前の抜群なロケーションのレストラン。

ケンズハウスほど安くないが店の雰囲気、味も抜群なレストラン

■ ポンズヒロ (Ponds Hilo)

f:id:tranning:20180719230449j:plain

f:id:tranning:20180719230514j:plain

f:id:tranning:20180719230540j:plain

f:id:tranning:20180719230601j:plain

f:id:tranning:20180719230626j:plain

f:id:tranning:20180719230653j:plain

「ヒロシーサイドホテル(Hilo Seaside Hotel)」~ヒロ湾に面した抜群のロケーション!!

f:id:tranning:20180718193628j:plain

ハワイ島で宿泊したのは、ヒロにある「ヒロシーサイドホテル」。

ヒロ空港からも近く、ヒロ湾の入江に面した抜群のロケーションでこの地区周辺ではおそらく一番安い宿泊料金。

ハワイ島 ヒロ 「ヒロシーサイドホテル」

建物は3階建てで、ロビーも広く、駐車場は無料、プール、レストラン、中庭もあります。

今回お母さんが自分がタイに行っている時に、ネットから予約を入れたとのことだったが、バウチャーを見たら何とタイのホテル予約でいつも使っているこのサイトから

↓↓↓



宿泊料金は、一部屋一万円台後半。

ハワイはオアフ島でも一万円以下では、ホテルという名前ではほぼ見つかりません。

以前ホノルルマラソン参加の時は、数件あり利用したのですが・・・、それが最近ホノルルマラソンに参加が出来ない1つの理由なのですが。

タイでは同じ料金で、さらにランクが上のホテルで5泊以上出来ます。

■ホテル外観、フロント周辺

f:id:tranning:20180718193840j:plain

入口も広く、車寄せもロータリー状になっていてパーキングは建物の裏。

フロント、レセプションも広くゆったりとしています。

f:id:tranning:20180718194234j:plain

f:id:tranning:20180718194259j:plain

f:id:tranning:20180718194357j:plain

f:id:tranning:20180718194456j:plain

■ 部屋の設備内容

ベッドはクイーンサイズ、一通りの設備は揃ってます。

冷蔵庫、コーヒーメーカー(コナブレンドコーヒーですが、毎日4袋分用意してくれました、タイのホテルはあってもインスタントなのでこれが違う)。

バスタブ付き、シャワーは固定式。

ただトイレはアメリカなのでもちろんウォシュレットはありません。(タイの中級ホテルは必ず手動ウォシュレットが「あります。)

f:id:tranning:20180718200030j:plain

f:id:tranning:20180718200100j:plain

f:id:tranning:20180718200239j:plain

f:id:tranning:20180718200322j:plain

f:id:tranning:20180718200408j:plain

■ プール、中庭

プールもありますが、あまり利用している方はみかけなかった。

中庭は熱帯植物が結構が植わってます。

f:id:tranning:20180718200534j:plain

f:id:tranning:20180718200632j:plain

f:id:tranning:20180718203728j:plain

f:id:tranning:20180718203802j:plain

f:id:tranning:20180718203856j:plain

f:id:tranning:20180718203933j:plain

f:id:tranning:20180718204339j:plain

■ レストラン

最後の日の朝食に利用しました。

メニューも多く、味もしっかりしていて宿泊者以外の方も利用してました。

f:id:tranning:20180718204512j:plain

f:id:tranning:20180718204632j:plain

f:id:tranning:20180718204706j:plain

f:id:tranning:20180718204741j:plain

■ ホテル前の光景

f:id:tranning:20180718205735j:plain

f:id:tranning:20180718205800j:plain

f:id:tranning:20180718205822j:plain

f:id:tranning:20180718205838j:plain

「リチャードソン・オーシャンパーク」 ~ヒロ湾のサンセットと海亀を見ながらシュノーケリング。。。

DSC_0683_1_R.jpg

 

 

ヒロには色々なビーチパークがあります。

 

その中でも人名前がそのままついているビーチがあり、「カール スミスビーチパーク」、「カール スミス」というカントリーシンガーがいたが、名前の由来は分かりません。

 

そしてその先にあるのが「リチャードソン オーシャンパーク」、野性の亀がいるというのでそちらの方に行ってきました。

 

 

ハワイ島 ヒロ 「リチャードソン・オーシャンパーク」

 

 

 

 

ちょうど夕方の時間だったのでサンセットを見ながらシュノーケリングを少し。

 

亀は午前中の方が見れるというが、この時間帯でも一匹見ることが出来ました。

 

 

f:id:tranning:20180716230052j:plain

 

 

f:id:tranning:20180716230159j:plain

 

 

この辺のビーチは溶岩の岩場もあり、その後ろには椰子の木を始め沢山の木々があります。

 

緑と水色が調和している特徴が。。。

 

 

 

f:id:tranning:20180716230336j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716230359j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716230423j:plain

 

 

ハワイのおもなビーチパークはどこもシャワー、トイレがちゃんとあります。

 

平日でも結構地元の方が来ていて、パーキングはどこも車が多かった。

 

この光景を見ていると、すぐ近くの「キラウエア火山」が噴火して溶岩が噴出しているとは思えない。。。

 

 

 

f:id:tranning:20180716231355j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716231449j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716231518j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716231615j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716231657j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716231550j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716231728j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716231806j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716231837j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716231906j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716232241j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716232340j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716232511j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716232550j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716232651j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716232745j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716232829j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716232921j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716233119j:plain

 

 

 

 

f:id:tranning:20180716232950j:plain

 

 

 

 

f:id:tranning:20180716233625j:plain

 

 

 

f:id:tranning:20180716233700j:plain

 

 

 

「キラウエア火山」が噴火している「レイラニ・エステーツ地区」の手前まで行ってみた!!

f:id:tranning:20180712195634j:plain

「キラウエア火山国立公園」に入れなかったので、「ボルケーノビレッジ」に寄ってからヒロに戻る途中に、「ケアアフ・パフアロード」を下り「レイラニ・エステーツ地区」の近くまで行ってみました。

当然噴火している場所まで行けないのは分かっているものの、ここも行ける処までとまたまた恐いもの見たさで。。。

ハワイ島  「キラウエア火山国立公園」 「ボルケーノビレッジ」

結果、「レイラニ・エステーツ地区」の手前の「パポア」という街の先の交差点まででその先は、通行止めになっていました。

ただ「パホア」の街まで来るのに車は普通に走っていて、街のショッピングセンターとかも通常通り営業中。

f:id:tranning:20180712195751j:plain

昼間だと明るく噴火しているという様子も全く分からなく、一旦ヒロに戻り他の場所をみて夕食後に再び同じ場所に行ってさらに通行止めになってない横道へ行ってみたら。。。

こんな光景を見ることが出来ました。

f:id:tranning:20180712195825j:plain

決して近くまで行っているわけではなく、少し離れている場所で近くには普通に民家がある場所ですが、森の向こうは。。。

夜の22時は過ぎている時間なのですが、空が完全に紅に染まってました。

f:id:tranning:20180712200036j:plain

f:id:tranning:20180712200135j:plain

f:id:tranning:20180712200205j:plain

f:id:tranning:20180712200232j:plain

f:id:tranning:20180712200314j:plain

f:id:tranning:20180712200344j:plain

ここが昼間来てこの先通行止めの看板が出ていた交差点、この空き地から森の向こうに噴火している煙、そして森を燃やして(もしかしたら住宅も含まれているかも)いる炎がくっきりと。

何台かこの光景を見る目的で車も来ていましたが、このあとパトカーが来て早く行くようにと言われてしまいました。

近くまでいけますが、決して危ない場所までは行かない様にしましょう!!

f:id:tranning:20180712200434j:plain

f:id:tranning:20180712200632j:plain

ハワイ島の「キラウエア火山」の噴火状況はこのような感じですが、観光には全く支障はありません。

キャンセルしたという方の話も聞きますが、ホノルルに行くのを止めるなんてのは言語道断です。

ただ「キラウエア火山国立公園」地区には入れないというのは、暫く続きそうです。

空から見るヘリコプターツアーは、かなり先まで満席状態。(これを目的にメインランドから観光客がどっと押し寄せているので、ホテルは混んでいます。)

「キラウエア火山国立公園」内には入ることが出来なかったので、「ボルケーノビレッジ」へ!!

f:id:tranning:20180711192720j:plain

キラウエア火山噴火の影響で「キラウエア火山国立公園」のエリアには入れないと分かっていたにも関わらず、果たしてどの場所から立ち入り禁止になっているのか。

以前来た時に行った、溶岩が流れているのを見ることが出来る「チェーン・オブ・クレーターズ・ロード」には絶対に入ることが出来ないが、今噴火して溶岩が流れているのは、どちらかというとヒロから下に行った場所の「レイラニ地区」。

「ビジターセンター」ぐらいまでは入れるのではないかと、後は恐いもの見たさでヒロから島の下のエリアをコナまで繋がっている「ニューボルケーノロード11号線」を行けるところまでと思い向いました。

ハワイ島  「キラウエア火山国立公園」 「ボルケーノビレッジ」

f:id:tranning:20180711192829j:plain

案の定国立公園のゲート前でこの標示がありストップ。

車はもちろん歩いてもダメという看板もあり、結局園内には一歩も入れない。

しかし、近くの「ボルケーノビレッジ」は通常通り空けているお店、ストア、ホテルもあり。

但しこの状況ではどこもほとんど人が入っていない状況です。

その中で入れるようだったので、「ボルケーノ ガーデンアート」というお店に駐車場もあったので入ってみました。

f:id:tranning:20180711192930j:plain

f:id:tranning:20180711193321j:plain

f:id:tranning:20180711193356j:plain

店の中は勿論、外にも沢山の芸術的な展示物がありそれを見ることが出来ましたが、併設しているカフェは営業していなかった。

外のガーデンを見ていたら店主の方が、飼っているのか「カメレオン」を庭の木に載せて見せてくれた。

火山噴火の影響ですっかり客足が途絶えた様ですが、それでも来てくれるお客さんに楽しませてくれるというサービス精神に感動。

噴火が少し落ち着いて、国立公園内に入れる様になったら是非この「ボルケーノビレッジ」に何泊か宿泊して「キラウエア火山国立公園」をじっくりと見てみたいです。。。

f:id:tranning:20180711193431j:plain

f:id:tranning:20180711193510j:plain

f:id:tranning:20180711193552j:plain

f:id:tranning:20180711193635j:plain

f:id:tranning:20180711193726j:plain

f:id:tranning:20180711193805j:plain

f:id:tranning:20180711193839j:plain

f:id:tranning:20180711193902j:plain

f:id:tranning:20180711193958j:plain

f:id:tranning:20180711194030j:plain

f:id:tranning:20180711194100j:plain

f:id:tranning:20180711194144j:plain

ビレッジの入口にあるストアも通常通り営業しています。

なので当分は国立公園内には入れなくとも、レンタカーを利用して旅する方はこの「ボルケーノビレッジ」は訪れてみてください!!

f:id:tranning:20180711194227j:plain

「レインボーフォールズ(虹の滝)」~ヒロから一番近い癒しのスポット!!

ハワイ島の主な観光名所で必ずといって出てくるのが、この虹の滝(レインボーフォールズ)。

ワイルク川(Wailuk River)にある滝で高さ24メートルから落ちた水は溶岩の下へ落ちてしぶきをあげ、晴れた日には運がいいと虹が観れるという。

宿泊していたヒロからも近いとあって、以前コナに宿泊した時に行けなかったので午前中に行ったが、残念ながら行った時に虹は見ることは出来ませんでした。

ハワイ島  「レインボーフォールズ(虹の滝)」

ココレインボーフォールズは、アカカフォールズと違い駐車料金は無料でもちろん入場料もなし。

どちらもハワイ島の東側で、ヒロからも近い場所。

こちらのヒロ地区はコナ地区と全く天候が違い年間雨量が多いのが、こうゆう滝がいくつかある所以。

「マウナケア山頂」標高4205mからの絶景夕陽~ 「サンセット&星空観測ツアー」に参加して!!

f:id:tranning:20180709003917j:plain

2800mの「オニズカ・ビジターセンター」にて夕食のお弁当を食べてから、高所に慣らす様に暫くの休憩を取った後に山頂へ出発します。

高山病対策の意味で、いきなり頂上に行くのでなく充分な休憩をとった後に出発。

暫く行くとアスファルトの道はなくなり、ダートな道を進みますので車も揺れもすごい。

この道はたとえ四駆の車でも個人では絶対に行けないコースです。

揺れに加えて高度が高くなるので、耳が時折詰まった状態になり、行動が鈍くなる感覚に。

ハワイ島  「マウナケア山頂(Mauna Kea)

頂上に着いてから防寒着を羽織ってミニバンから外に出ると、僅かながら立ち眩みが。

ゆっくりと深呼吸をして貰ったペットボトルの水を飲んだりしていると、どうにか落ち着き平常心を取り戻した様。

なのでカメラを撮っていてもなかなか焦点が合わなかったり、ファインダーをず~っと覗くことが出来なかったりで、良い画像が撮れませんでしたがあしからず。。。

f:id:tranning:20180709003948j:plain

f:id:tranning:20180709005058j:plain

f:id:tranning:20180709005133j:plain

ヒロを出た時はほぼ曇空だったが、コナ地区を出発してからほぼ快晴、頂上でも天候がよくしっかりとサンセットを見ることが出来ました。

f:id:tranning:20180709005243j:plain

f:id:tranning:20180709005311j:plain

f:id:tranning:20180709005341j:plain

f:id:tranning:20180709005411j:plain

山頂は車で行くことが出来ますが、標高は4200m以上あり富士山よりも500mも標高が高い。

そこに各国の天文台も並んでいる中、日本の「国立天文台ハワイ観測所すばる望遠鏡」もあります。

f:id:tranning:20180709005444j:plain

f:id:tranning:20180709010453j:plain

f:id:tranning:20180709010519j:plain

f:id:tranning:20180709010610j:plain

f:id:tranning:20180709010647j:plain

f:id:tranning:20180709010756j:plain

f:id:tranning:20180709010825j:plain

f:id:tranning:20180709010857j:plain

f:id:tranning:20180709011406j:plain

f:id:tranning:20180709011547j:plain

f:id:tranning:20180709011503j:plain

f:id:tranning:20180709011621j:plain

f:id:tranning:20180709011647j:plain

サンセットを見てから車で再び下山して途中の駐車場にて星空観測、これもばっちりと「北斗星」と「南十字星」が同時に見れるのはここだけ。

他にも色々な星座を見る事が出来ましたが、カメラの設定がどうしても出来ず星座の画像が紹介できません。

帰りも「ワイコロア地区」の「クイーンズ・マーケットプレイス」で降してもらい、レンンタカーで真っ暗な「サドルロード」をライトを上向きにしてホテルのヒロに戻りました。

f:id:tranning:20180709011728j:plain

f:id:tranning:20180709011755j:plain

「マウナケア山頂 サンセット&星空観測ツアー」 ~オニズカ・ビジターセンターまで

f:id:tranning:20180708095517j:plain

ハワイ島での2日目に今回の旅の目的、メインである「マウナケア」の山頂へ。

山頂までは車で行けますが、途中からダートロードになるのと、標高が4,000m以上で四駆でもよほど運転に慣れてないと上までは行けません。

その他にも個人だと規制があるようなので、現地ツアーに参加・・・1人US$170 「マウナケア山頂 サンセット&星空観測ツアー」 by ロバーツハワイ

と高く絶対に1人旅では参加出来ないが、今回は家族旅行でそれもお母さんがスポンサーなので。

でもこの料金でもかなり人気で、ヒロ地区発はこの日も含めて前後数日満席だったので、レンタカーを滞在中借りていたのでコナ地区発のツアーに申込みしました。

ハワイ島  「マウナケア山頂(Mauna Kea)

f:id:tranning:20180708095600j:plain

ワイコロア地区のホテルからということで、「ワイコロアビーチ・マリオット」かの乗車を選択したので、車を「クイーンズ・マーケットプレイス」の駐車場に置いてから歩いて。

f:id:tranning:20180708103149j:plain

f:id:tranning:20180708103226j:plain

ワイコロア地区からまずはマカデミアンナッツの専門店に寄ってから、「マウナケア」へ。

f:id:tranning:20180708103516j:plain

f:id:tranning:20180708103555j:plain

f:id:tranning:20180708103627j:plain

f:id:tranning:20180708103652j:plain

f:id:tranning:20180708103727j:plain

f:id:tranning:20180708103811j:plain

f:id:tranning:20180708103850j:plain

サドルロードからマウナケア アクセスロードに入りまずは一気に「オニズカ・ビジターセンター」に。

ここで暫くの休憩、お弁当を渡されて夕食タイム。

お弁当は幕の内弁当、ここにきて久々の日本食で日本で食べる弁当と内容、味も全く変わらず。

f:id:tranning:20180708103928j:plain

f:id:tranning:20180708103951j:plain

f:id:tranning:20180708104016j:plain

f:id:tranning:20180708104052j:plain

f:id:tranning:20180708104125j:plain

お弁当は外のベンチで食べますが、さすがに標高2800m以上の場所なので、かなり寒く、酸素も薄くなってきているのが分かる。

 

ビジターセンターにお湯があるので、お茶とココアのパックを貰うことが出来るのでこれで体を温め、ここでトイレも済ませます。

f:id:tranning:20180708104148j:plain

f:id:tranning:20180708104258j:plain

f:id:tranning:20180708104420j:plain

f:id:tranning:20180708104447j:plain

f:id:tranning:20180708104533j:plain

f:id:tranning:20180708104604j:plain

f:id:tranning:20180708104629j:plain

f:id:tranning:20180708104655j:plain

f:id:tranning:20180708104724j:plain

癒しの滝「アカカフォールズ」と聖地「ワイピオ渓谷」を見てからヒロからコナ地区へ!!

f:id:tranning:20180705224702j:plain

ハワイ島は「ビックアイランド」と言われる大きな島なので、オアフ島のザ・バスみたいな公共の交通機関はないので移動にはレンタカーが必要です。

ハワイ島は今回2度目の訪問で、以前十数年前に家族4人で4泊コナに滞在したので、今回は単純にヒロの滞在を選んだという次第。

なので正味5日間滞在したにもかかわらず、ヒロを含んだ右半分の地区に足を踏み入れていませんでした。

今回ハワイ島を訪れた第一の目的は、「マウナケア」の山頂に行く事、但し山頂に行くにはレンタカーでは無理ということで現地ツアーに参加。

ただヒロ地区発のツアーは、連日満席で仕方なくコナ地区発着のツアーを申し込みました。

午後からのツアーなのでレンタカーにて午前中出発し、途中前回訪問時に行けなかった「アカカフォールズ」と「ワイピオ渓谷」を見てからコナの「ワイコロア地区」へ。

ハワイ島  「アカカフォールズ(Akaka Falls)」

f:id:tranning:20180705224954j:plain

「アカカ滝」は、落差134m。

 

アカカ滝州立公園としてアカカ滝とカフナ滝を巡ることができ、野性のラン、竹林、シダの生い茂る緑の濃い熱帯雨林を見ることが出来ます。

 

エントリーフィーは1人1$,車一台に付き5$かかります。

f:id:tranning:20180705225123j:plain

f:id:tranning:20180705225319j:plain

f:id:tranning:20180705225348j:plain

f:id:tranning:20180705225517j:plain

f:id:tranning:20180705225555j:plain

f:id:tranning:20180705225640j:plain

f:id:tranning:20180705225732j:plain

f:id:tranning:20180705225802j:plain

f:id:tranning:20180705225905j:plain

f:id:tranning:20180705225940j:plain

ハワイ島  「ワイピオ渓谷(Waipio Valley)」

f:id:tranning:20180705230428j:plain

「王の谷」と言われ、カメハメハ大王が幼少期を過ごした場所。

展望台から見る景色は雄大だが、渓谷の下の海岸まで下りる道があり片道1時間のハイキングコースになっているよう。

行ってみたかったが、今回は展望台から眺めただけ。

崖の側面には一筋の滝が見えたり、壮大な光景です。

f:id:tranning:20180705230500j:plain

f:id:tranning:20180705230751j:plain

f:id:tranning:20180705230824j:plain

レンタカーなので、途中「ファーマーズマーケット」に寄ったり、「ワイメア」の街のショッピングセンターに寄ったりしながら「ワイコロア」へ。

f:id:tranning:20180705230848j:plain

f:id:tranning:20180705230913j:plain

f:id:tranning:20180705231012j:plain

f:id:tranning:20180705231036j:plain

f:id:tranning:20180705231100j:plain

ビックアイランド ヒロ湾にある「癒しの島」「モク オラ(ココナッツ アイランド)」まで散策!!

f:id:tranning:20180703212327j:plain

ハワイ島には今、メインランド(アメリカ本土)からかなりの方が訪れています。

ホテルもほぼ満室で、14時すぎに着いたのですが部屋の準備が出来てないとのことで、16時まで待って欲しいと言われました。

「キラウエア火山」の噴火でハワイ島に来るのを避けている、或るいはキャンセルをしているのは日本人ぐらい。

メインランドからの方は、わざわざこの状況を見にくる方が多く、ヘリコプターツアーは何週間か先まで予約で一杯。

部屋に入れるまでホテルの近くにある「ココナッツ アイランド」まで行ってきました。

ハワイ島 ヒロ 「モク オラ(ココナッツ アイランド)」

f:id:tranning:20180703212418j:plain

f:id:tranning:20180703212615j:plain

「モクオラ」とは「癒しの島」という意味があり、モクオラは逃れの聖地として役割を果たし、罪人や敗残兵などタブーを犯した人は、この島に逃げ込み禊(みそぎ)を行えば、生き延びることができたといういわれがある。

f:id:tranning:20180703212647j:plain

f:id:tranning:20180703212841j:plain

f:id:tranning:20180703212916j:plain

f:id:tranning:20180703213140j:plain

f:id:tranning:20180703213213j:plain

f:id:tranning:20180703213349j:plain

f:id:tranning:20180703213442j:plain

f:id:tranning:20180703213626j:plain

f:id:tranning:20180703213822j:plain

f:id:tranning:20180703213852j:plain

f:id:tranning:20180703213914j:plain

f:id:tranning:20180703214039j:plain

f:id:tranning:20180703214110j:plain

f:id:tranning:20180703214142j:plain

タイから帰国の翌日に、関空からホノルル経由ハワイ島のヒロへ!!

今回の旅の報告にあたって、最初に大阪の記事を紹介し、次に順番として逆になりますが先にタイでなくハワイにします。

「キラウエア火山」の噴火という今起こっているホットな情報もあるので。。。

30日間のタイからの旅に帰ってきて、自宅に1泊はしたのですが翌日の午前中には成田へ。

タイは一人旅でしたが、ハワイはお母さん、長男、そして長男の彼女(まだ結婚前です)との4人の家族旅行。

ただ今回のフライトは関空経由、長男2人は2日前にすでに大阪に行っていて関空で合流。

成田から関空までは、お母さんと2人だがLCCの「ジェットスター」を利用。

f:id:tranning:20180703113319j:plain

1人片道4千円プラス預け荷物2人で1つの料金、ジットスターLCCの中でも荷物のチェックが厳しい。

預ける荷物もピッタリの重さで、おまけに手荷物は必ず1人2個まで。(3つもっていたので、1つをまとめました)。

おまけに預ける荷物の中に充電バッテリーが入っていて、チェックイン後に再度呼び出させ荷物を空けられ手荷物に移された。

関空からはLCC「スクート」ホノルル往復で3万円ちょっと。

前日のバンコクからの帰りに続き、2日連続で同じ航空会社に搭乗。

f:id:tranning:20180703115344j:plain

ホノルル線のLCCは関空からこの「スクート」と「エア・アジア」の2本が就航していますが、成田からはまだないので。

成田~関空を別に航空券を買っても今の処ホノルル線はこの2路線が一番安い!!

f:id:tranning:20180703115441j:plain

ホノルルに着いてからは、ターミナルを移動して「ハワイアン航空」の国内線でハワイ島のヒロへ。

というかハワイの島から島のメインアイランド線は、今「ハワイアン航空」しか飛んでない。

なので料金を含めチェックインとかももう少し効率的にやったらと思う感じ。

以前は「アロハ航空」とかも飛んでたので、競争力があってもっと安い航空券もあったようだが、アメリカの路線なのでLCCとか飛んでいてもおかしくないのだが。。。

f:id:tranning:20180703115720j:plain

f:id:tranning:20180703115832j:plain

ヒロの空港に着いてからは、こじんまりしている空港で荷物の受け取りもスムーズで、4人なのでレンタカーを使う方が便利、お得なのでレンタカーをピックアップ。

f:id:tranning:20180703115853j:plain

f:id:tranning:20180703115955j:plain

ホテルは空港からも近く、ヒロの海沿いの色々な入江の前に建っている「ヒロ シーサイドホテル」。

高級ホテルではないですが、ロケーション、パーキングも敷地内で便利。

ホテルの情報、案内は後程に。。。

f:id:tranning:20180703120108j:plain

f:id:tranning:20180703120128j:plain

ホテルの目の前の芝生のビーチでは、週末だったのでタープを張ってバーベキュー、海水浴を楽しんでいた。

こうゆう地元の方が楽しんでいる憩いの場所があるというのが、一番のポイント。

f:id:tranning:20180703120153j:plain

f:id:tranning:20180703120316j:plain

f:id:tranning:20180703120238j:plain

f:id:tranning:20180703120359j:plain

f:id:tranning:20180703120552j:plain

f:id:tranning:20180703120611j:plain

f:id:tranning:20180703120636j:plain

f:id:tranning:20180703120708j:plain

f:id:tranning:20180703120915j:plain

f:id:tranning:20180703120751j:plain

f:id:tranning:20180703120815j:plain

f:id:tranning:20180703120843j:plain